スポーツ

精神衛生上の問題を言及しながら、大阪はフレンチオープンでメディアをしていないと言いました。

4回のグランドスラムチャンピオンである大阪ナオミは水曜日、フランスオープンで記者会見の性格が選手たちの精神的健康に過度の負担を与えるとメディアの質問を受けないと述べた。

日本選手はツイッターに「ローランド横ス期間中にいくつかのメディアでもないと言ってハリョゴイ文を書いている」と書いた。

「私は人々が運動選手の精神的健康について全く関心がないと感じる場合が多く、記者会見を表示したり、参加するたびに、これらの事実が鳴ります。

「私たちはしばしば、その場に座って前に何度も質問を受けたり、私たちの心に疑問を呼び起こす質問をしました。私は私を疑う人々に私を屈服させないことです。」

選手たちが敗北した後の質問に答えることを期待するのは「人が倒れているときに足蹴り」に該当すると大阪は付け加えた。

世界第2位は、今回の決定がトーナメントについて「個人的なものではない」と述べた。 彼女は自分が友好的な関係を結んでおり、トーナメントが彼らのアプローチを再考することを希望すると述べた。

多くのテニストーナメントでは、プレイヤーは、毎試合後、メディアに話すか、または罰金を払わなければします。

米国クリスチャンハリソンは、マスクを着用問題で、1月デルレイビーチオープン(Delray Beach Open)で開かれた法廷の面接に参加することを拒否した後、ATPから3,000ドルの罰金を聞きました。

大阪は罰金が課されることが予想される「かなりの量」が精神的健康の慈善団体に書き勝つ希望すると述べた。

彼女は後で2015年のスーパーボウル前の記者会見で、「私はここにいるの罰金を受けない」という言葉を繰り返す前シアトル・シーホークスの映像をツイッターに載せた。

大阪は、過去に警察暴力と人種の不平等問題を強調するために、彼女のプラットフォームとかなりメディアの注目を使用しました。

23歳の彼はスポーツビジネスのウェブサイトスポーティ鼻が過去12ヶ月の間に5,520万ドルを稼いだ報道し見出しを飾りました。

仏オープン予選が進行中でトーナメントは6月13日に終了する予定です。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  カナダのダイバーがワールドカップ3位のオリンピック位置を占めている

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close