スポーツ

紀平梨花最高 “ハゲ”新しい観光スポットは氷上の手側の回転 – フィギュア:日刊スポーツ

女子SPの演技を紀平(代表撮影)

<피겨 스케이팅 : 전일본 선수권> ◇第1日◇25日◇長野市ビッグハット◇女子ショートプログラム(SP)

女性で2連覇を目指し紀平梨花(18 =トヨタ自動車)がシーズン最初の試合でSP首位発進を決めた。 2月にチャレンジカップ以来306日ぶりとなった試合で79・34点。 大胆な技術のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で2・17点の加算点を導く「まずジャンプは(すべての)線80点以上たくたので、まずまずの評価。満足と言い」と笑顔を見せた。

新たな魅力を存分に発信した。 今季タックルSP」よりファイヤーウィズ」炎を表現した公演は強力で、見る人の心を震わせ。 シーズン前のフランスの振付師・ブノワリショ氏は「何かのパフォーマンスを入れたい」といくつかの提案を受けた。 選択されたのは、片手側回転。 1年9ヶ月ぶりに入院した現地兵庫西宮市の広田幼稚園では、跳び箱8段を跳んだ。 しかし、演技で手をつくのは氷。 最初は「ハゲで苦戦して複数回転送された」と笑ったが、「幼稚園の頃からのものが生きている」と見どころに変えた。

新型コロナウイルスの影響を受けて出場予定だったグランプリ(GP)シリーズのフランス杯は中断した。 それでも、2006年トリノ五輪男子で銀メダルを獲得したランビエルコーチの指導を受け、長期合宿を打った、スイスで練習量を増やした。 1日の迎えフリーが大会で自分が成功事例がない4回転サルコー挑戦が視野に入ってきた。

「オフ頑張ってきたのはサルコーこのため、積んだ訓練の成果が出てくればいい。可能な挑戦するつもりで(無料で)練習に取り組みたいと思い、「

揺るぎない目標は、22年の北京オリンピックの金メダル。 可能性の欲は終わりがない。 【松本項】

READ  スポーツダイジェスト:Arnold Palmer Invitationalで一人でいるコナーズ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close