エンターテインメント

紅白落選メディア露出の減少… AKB48厳格な “現在立っている位置」22歳の合計監督はそれでも「新しいボタン”燃える:J-CASTニュース[전체보기]

2020年11月16日に発表されたNHK紅白歌合戦出場歌手は乃木坂46をはじめとする「丘」のグループが3セットの出場を決めながら、2009年から連続で出場してきたAKB48は、通算13回目の出場を逃した。

19年から紅白出場が「当たり前」と繰り返してきたグループ総監督の向井地美音さん(22)は、落選を受けて、「過去2年間」から「バトンを私たちの内で複数回停止しまいました。そして、今日も」とツイート。 19年から続く厳しい状況の延長線で落選との見方を示したとし、「これまでの歴史の中で甘えず、今度こそ、私たちが新しいバトンを渡すことができるように努力」と再起動を約束した。

  • 2019年NHK紅白歌合戦AKB48が登場したのは、13年発売の「愛するフォーチュンクッキー」であった(写真はリハーサルの様子)

  • 2019年1月にコンサート総監督に決意を述べ向井地美音さん

    2019年1月にコンサート総監督に決意を述べ向井地美音さん

  • 2019年NHK紅白歌合戦AKB48が登場したのは、13年発売の「愛するフォーチュンクッキー」であった(写真はリハーサルの様子)
  • 2019年1月にコンサート総監督に決意を述べ向井地美音さん

選抜総選挙じゃんけん大会、AKBINGO!、オールナイトニッポン…

AKB48は2007年中川翔子さん(35)、リア・ディゾン(34)さんと一緒に「アキバの範囲」の一員として紅白初出場。 08年落選したが、2009年復帰19年まで11回連続、通算12回出場してきた。 これまで13年大島優子さん(32 = 14年卒業)が舞台で卒業発表し波紋を16年に出場メンバー17年にリリースする曲を視聴投票で選んだことも話題になった。 17年の投票では、渡辺麻友さん(26 = 17年卒業)卒業シングル「11月に足首 “(17年発売)が1位を占め渡辺氏のラスト紅白に花をもたらすたが、18、19年の2年間は、そのしてのヒット曲ではなく、「愛するフォーチュンクッキー」(13年発売)を性能ました。

向井地氏は落選を受けて、

「過去2年間先輩が続いてくださったバトンを、私たちので何度も止まってしまいました。そして、今日はそれが何よりも申し訳なくて不甲斐ないです」

とツイート。 グループの伝統が失われたことを後悔した。

向井地氏が指摘したように、19〜20年の間に「停止ボタン」は多い。 グループの最大のイベントで09年から行われてきた選抜総選挙、10年に始まった、ジャンケン進出した人が歌を出す」じゃんけん大会」、11年に始まった「AKB48紅白対抗歌合戦」の3つのグループに毎年恒例のイベントだったが、18年を最後に19、20年は開催されない。

メディアへの露出も同じだ。 19年3月には10年4月から続いた「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)と13年10月に始まった「AKB48 SHOW!」(NHK BSプレミアム)放送が終了。 半年後19年9月に、2008年10月から約11年に渡って放送されたきた「AKBINGO!」(日本のTV)も終了した。

2019年紅白に「私いただけるのも当然いない “と語っていた向井地氏

19年1月にはNGT48山口マホさん(25 = 19年卒業)の暴行事件が発覚(暴行の疑いで逮捕されたファンの男性は不起訴処分されて民事訴訟でも20年4月に運営会社と和解が成立)。 運営会社苦手な対応に批判が広がっNGT48だけでなく、AKB48グループの世論で極めて困難な目を向けることができた。そんな中でも、19年の紅白出場を決定し、向井地氏は12月29日のリハーサルで取材に

「どのような状況になっても手を伸ばしていただくスタッフであるか、応援してくださるファンの方々がずっと、続いてくださっていることが本当にありがたいことで、このように紅白に私いただけるのも当然はなくて国であることを本当に気が今まで以上に紅白に出場することができると聞いても嬉しく感謝の心と初心を忘れず、来年も熱心にする “

などとあった。 このような困難な状況に20年に入って顕在化された新型コロナウイルスの問題が追い討ちをかけた。

例えば、18年までに4枚程度の速度で新曲を発売したが、19年は2枚になって20年3月に発売された「実演、ありがとう」を1枚まで減少した。CDに握手会参加券を付ける方式はアイドル事業収益の柱の一つ。対面握手会再開の見通しが立たないことが新曲発売の判断に影響する可能性もある。他にも、4月に予定されていた峯岸みなみ(28)の卒業コンサートをはじめとする多くのイベントが延期や中止に追い込まれた活動全体が大きく制限されるようになった。

また、スポーツ新聞社によると、NHK側AKB48の落選理由を「総合的な判断」と説明した。 例年同様に、個々の歌手の出場や落選の理由について具体的に説明していないことが分かった。 これらの説明は、参加者の発表会見後、いわゆる「囲み取材」の形式で行うが、20年には、コロナ対策を理由に「ラジオ・テレビ記者会見」「東京放送記者会」などの記者クラブメンバー以外の取材を認めなかった。

運営会社も「現在立っている位置を真摯に受け止め、「 “また最初からAKB48の歴史を”

向井地氏は落選発表後ツイートで

「でも、ここで再び…今までの歴史の中で甘えず、今度こそ、私たちが新しいバトンを渡すことができるように努力ので、見守ってください.AKB48大好き!」

と続け、これまでの歴史を分割、再形でグループへの新しい歩みを約束した。

他のメンバーと運営会社も同じ決意を示した。この日の配信された動画番組は「チームK」キャプテン込山榛香さん(22)が

「11年連続出場する先輩たちと築いてきた記録が失われてしまい、正直悔しい気持ちもあるが、今回の結果を真摯に受け止め、今後も会員・スタッフ一同、前を向いて頑張っていきたいと思っています」

と述べた。 運営会社が報道関係者向けに配信するニュースレターは、イベントの約束とメンバーの人となりを紹介する記事を掲載。 最後の挨拶は次の文に結ばれた。

「AKB48は15周年になる年でを迎えます。現在の開始位置を真摯に受け止め、AKB48メンバー・スタッフ一同、また最初からAKB48の歴史を作っていくことができるよう精進して参りますのでどうぞさらに意志助けコンタクト力添えを受けるようによくお願いします」

(J-CASTニュース編集部工藤浩)

READ  TBSラジオ「ACTION」9月末に終了宮藤官九郎「やっと楽しくなりかけ...」| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close