エンターテインメント

純烈・白川裕二郎左肩腱板段裂手術後の経過良好3週間後、「紅白」は、「固定器具を持って歌」| ORICON NEWS

4人組ですグループ全くが10日、都内で開かれたチャンネル銀河」純烈どたばたキャンプ!2」の制作発表会に参加した。左の肩腱板の涙のために先月下旬に都内の病院で手術を受けた白川裕二郎(43)は、固定機構をした状態で姿を現すも回復をアピールした。

[사진]その他の写真

手術後の経過について白川は、「まだ2週間ほどなので、左側ウロヌンあまり使用することができませんが、それだけで手術した時よりもよくなっていて、痛みも持っています。年末の紅白歌の戦闘では、固定機構を持って歌うことです。明後日12日は縫い目の予定なので、そこから徐々にという感じですね」と笑顔。

手術を受けるまでの経緯については、「肩の痛みに関しては、昨年1年ほど純烈のが忙しいしてくれダンスをするとき左手が上に上がらないほど痛かったですね。病院に行く暇もなかったことが、ますます上がらないことで、これは味と今年の2月くらいに後位翔太と振動運動をしたとき、彼を聞いたときブティック音が聞こえて。 次の日から本格的に肩が低くなって病院に行ったところ、涙をしました」と振り返っ。

「腱が4つあり、そのうちの1つは、1センチほど切れていて、炎症することで、年齢も考慮して、手術をしたほうがいいと勧めました。このような時期であったため、比較的一定合わせやすく、手術を受けた」と明らかにした。

さらに、「今年は、メンテナンスなりました。ファンの皆さんにお会いすることができなくて大変寂しく1年だったが、自分に身を修正する1年でした。(コロナ)一日も早く収束て、純烈な出会いをすることができるようになり、4回目の紅白に出てくることができること」を来年の抱負も。リーダー酒井一圭3週間後に迫って「紅白」の舞台を控えて「まだ演出されるという話は、私たちを聞いてなくて、担当が協議をしている状態です。このような状況なので、「密集したので、駐車場で歌ってほしい」という言葉を聞くと、どこでも歌って、そのような面では、どのようになるか楽しみもあります」と肯定的に言っていた。

このプログラムは、純烈4人の傾向キャンプに挑戦シリーズ第2弾。 今回は軍資金3万円を使用して材料の準備、キャンプファイヤーなど4人で楽しみながらスペシャルゲスト隼、重鎮歌手も登場するなど、華やかな内容となっている。 来年1月17日に開始で計4回に渡って放送される。


READ  マイクロソフト任天堂・SIE 3社が共同声明。 ゲーマーの安全を守る3改造を発表| AUTOMATON

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close