技術

細胞ベースの肉のための「オープンイノベーションプラットフォーム「日本のCulNetコンソーシアム公式発表

先週、日本に拠点を置く企業グループ 発表 日本およびその他の地域での細胞培養肉の開発のためのオープンイノベーションプラットフォームであるCulNet Consortiumの公式発表。 日本の細胞ベースの肉スタートアップIntegriCultureが発表限り、この発表は、メンバーの詳細について説明し、グループの活動を簡単に説明します。

グループのプラットフォームは、細胞農業分野で、日本で最も目立って活動的なスタートアップの一つであるIntegriCultureが開発したオープンイノベーションのフレームワークを中心にします。 Uni-CulNetフレームワークとコンソーシアムの計画は、元のIntegriCultureが2020年5月に発表された。 フレームワークを説明 「民主化された携帯電話の農業の基盤を迅速に構築する標準化された携帯電話の農業インフラ」に。

コンソーシアムのメンバーは、細胞の供給源、培養培地、CulNetハードウェア、製品、バイオリアクターや製品の処理などの部門の全体的な発展を加速するために、5つの領域で協力する予定です。

リリースで

  • 標準化された培養培地:既存のバッジ(基礎培地)と根本的に異なるレシピ。 基礎培地は、すべての培養細胞製品の原料であり、種類(食品、材料、医療など)ごとに異なる種類があります。
  • CulNet SystemTMハードウェア:大量生産でも家庭でも、人々がCulNet SystemTMを様々な用途に使用できるようにするハードウェアです。
  • 製品バイオリアクター:製品の食用部分のようなものを作成するために使用されるバイオリアクターです。 私たちは、農産物に使用される様々な動物細胞の供給源になると推定されます。
  • 細胞製品の処理:製品の処理、および安全性の要件(細胞成分と培養上清)を満たすために必要なプロセス制御です。
  • 細胞供給源:牛と漁業資源の細胞を抽出して培養するために使用されるプロセスと細胞の供給源が生産されているところで、全体のプロセスシーケンスを完了することができるようにシステムを使用して意図した用途、供給源の動物種、その他

IntegriCultureと創立者Yuki Hanyuは、オープンイノベーションの標準化推進の原動力です。 Hanyuは、過去数年の間、日本での細胞ベースの肉のための最も顕著な伝道者であり、彼の会社のオープンイノベーションの精神はShojinmeatプロジェクトを通じてDIYフォーム肉の取り組みを構築するための努力で知ることができました。

Culnet Consotiumは、細胞ベースの食肉産業が成熟に応じて推進力を得る唯一の業界団体がありません。 市場の教育と産業擁護に重点を置いた産業グループである肉、鶏肉、魚介類革新連合(AMPS Innovation)は、 発表 Eat Just、UpsideとBlue Naluに参加した8番目のメンバーOrbillion Bio。 AMPSは、フォーム食肉業界を支援する政策に影響を与えるために努力してきました。 最近の業界の共同書簡を含む 細胞ベースの肉のラベリングのフレームワークへの入力要求の後FDAに提出しました。

READ  さらに上昇ビットコイン! 逃げ慶應義塾追う明治大学と職業台、専修大1足(1)[카소쯔 대학 대항전 제 31 주]:J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close