経済が景気後退を避ける可能性があることを示すために、第4四半期のGDPデータの修正:ロイター世論調査

Estimated read time 1 min read

杉山里

東京(ロイター) – 金曜日のロイター世論調査によると、日本の第4四半期の国内総生産(GDP)の修正データは、企業の工場や機器の予想よりも強い支出のおかげで、経済が技術的な不況を避けたように見えます。 。

今回の世論調査で21人のエコノミストが予測した中央値によると、10~12月のGDPは年間1.1%成長を示すように修正されると予想されます。

2月15日に発表された予備数値では、予想外の0.4%下落を指摘しました。 第2四半期連続景気低迷は、現在ドイツに続き、世界4位の経済大国である日本の技術的不況に該当します。

伊藤秋研究所の武田敦志首席エコノミストは「景気後退に対する恐怖が消えた」と話した。

経済成長の証拠が現実化すれば、日本銀行は早ければ今月初めにマイナス金利を終了できるという確信を持つようになり、2007年以降初めて日本の金利引き上げのための道を開くことになるでしょう。 中央銀行は2日間の政策会議を開催する予定です。 -3月18~19日に会議を準備します。

世論調査によると、資本支出はおそらく第4四半期に2.5%増加したようです。

しかし、日本経済の約60%を占める民間消費は、暫定0.2%減少以後、修正されたデータでも同様に弱い数値を示すと予想されるとアナリストらは語った。

みずほリサーチ&テクノロジーズの堺西介首席エコノミストは「先循環(賃金引き上げとインフレ、消費者支出の間)が達成されたと言うのは難しい」とし、BOJが極度の緩い政策を解決するために確認した前提条件に言及した。 ポリシー。

堺は「これは「インフレ下の低経済成長」に似ているだろう」と話した。

政府は修正された10~12月のデータを月曜日午前8時50分(日曜日2350GMT)に発表する予定だ。

READ  日本円は一般的に市場が悪くなると利益を得る。 今回ではありません。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours