経済安全保障秘密の通関システムを策定する日本政府パネル

1 min read
読売新聞
岸田文夫首相と高一サナエ経済安全賞

政府が国家経済安全保障に関連する機密情報へのアクセス権を与えるための通関制の導入に関する議論を推進している。

この目的は、国の情報セキュリティフレームワークを強化し、日本の企業や他の組織が海外の共同研究やビジネスプロジェクトに簡単に参加できる環境を作成するシステムを作成することです。

松野博和官房長官は水曜日の記者会見で「情報セキュリティ強化は同盟国や心が合う国々との円滑な協力のために不可欠」と話した。

通関制度に基づき、政府は日本の経済安全保障に重要な情報を指定し、情報へのアクセス権が付与される前に、公務員と民間部門の個人に関する背景調査が必要である。

2014年から施行された特別秘密保護法は、国防・外交・防犯・対テロ関連の秘密を扱っている。

政府の管理は、これらの情報にアクセスする許可を受けた人々の大半を占めています。 2021年基準で、134,297人がこれらの情報を処理することを許可され、そのうち3%未満の3,444人が民間人でした。

岸田文夫首相は、秘密法が適用される4つの分野に該当しない先進技術やインフラプロジェクトに携わる人々が中国やその他の国にセキュリティ情報を漏洩する恐れがある中、専門家パネル構成を指示しました。 経済セキュリティ関連通関システム

高一サナエ経済安保賞は、指定秘密とは別の通関制度を検討していると明らかにしました。

高一は「特定の秘密カテゴリーに属する通信や宇宙などの分野の技術を考えにくい」と述べた。

2022年5月に制定された経済保障法を改正し、企画財政部、経済産業部など政府省庁が扱う敏感な経済情報を保護できるようにする方案が有力だ。

政府はまた、重要なインフラプロジェクトに参加する民間人に許可を与え、企業が事前に従業員を選別できるようにガイドラインを作成することを検討しています。

しかし、通関システムの稼働と実行には多くの困難があります。

特別指定秘密法による通関には、スパイ行為の可能性、犯罪及び懲戒記録、財政状態などが含まれる。 志願者の配偶者の国籍も確認します。 新しい経済的セキュリティ許可システムは、同様のアイデンティティ照会を含む可能性が高い。

このシステムに取り組んでいるエキスパートパネルは、東京大学の未来計画研究所の柏田俊也教授が率いる。 2月22日の最初のパネル会議で、ある委員は「人々のプライバシーを考慮しなければならない」と話した。

米国は機密情報を一流の秘密、秘密、機密の3段階システムに分類します。 日本の秘密法が適用される情報は、米国レベルの秘密または一級秘密だという。 日本の新しい通関システムには別々の分類グレードが必要です。

2019年10月現在、米国でセキュリティ許可を受けた人は約424万人です。 審査は原則として米国防総省内の専任組織で約3300人によって行われる。

日本では現在、防衛省などの行政機関でセキュリティ通関検査を実施しています。 政府高位関係者は読売新聞に「秘密取扱審査対象者が増えれば審査体系を拡充する必要がある」と話した。

READ  世界の主要地震による経済的損害は$1Tに迫る。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours