経済成長と再建を促進するための日本とウクライナの会議(首相行動)

Estimated read time 1 min read

[Provisional translation]

平成24年2月19日、岸田首相は東京で日本・ウクライナ経済成長及び再建促進会議を開き、基調講演を行いました。

基調演説で首相はこう述べた。

「シュミハル首相、神社の女性の皆さん。
まず、ロシアの侵略が勃発してから2年間、祖国の自由と独立を守護するために固く立ち向かってきたウクライナ国民の勇気と忍耐にもう一度深い尊敬を表します。 昨年のG7議長国として、日本はウクライナの支援に関する国際的な議論を主導し、財政支援を含む強力なパッケージを提供しました。 日本はウクライナ側に立って、これからもそうでしょう。

今日の会議の開始は、私が2023年3月にウクライナを訪問したときにさかのぼります。 私はG7議長の資格でウクライナを訪問しました。 キエフでゼレンスキー大統領との会談で、彼はウクライナの長期的な再建のための日本の経験、技術、民間投資に対する強い期待を明らかにしました。

訪問後、私は日本がいわゆる「日本固有の貢献」をする可能性が多いという確信を持ち、経済成長と再建促進のための日本・ウクライナ会議を開催することにしました。

ジェレンスキー大統領は、「あなたのお金は慈善団体ではありません。 これは、グローバル安全保障と民主主義への投資です。」 もう一つのことを言いたいです。 まさに「未来への投資」です。 ウクライナでは今この瞬間にも戦争が続いており、状況は容易ではありません。 しかし、経済再建促進はウクライナの未来への投資であるだけでなく、日本と全世界への投資でもあります。 私たち全員の未来に努めなければなりません。 日本は、潜在力の大きいウクライナの経済成長につながる経済再建と産業強化のため、公共部門や民間部門を通じて強力に支援します。 私たちの目標は、ウクライナが農業、製造業、IT産業などの主要分野を含む1次産業から3次産業まで、包括的な経済発展を達成することを支援することです。

今日はこれらのテーマを念頭に置いて「日本固有の貢献」を実現するために、「3原則」、「5大行動」、「50代約束」​​をウクライナ国民と共有したいと思います。

まず、「日本固有の貢献」を促進するための3つの重要な原則があります。

3大原則の最初のものは「包括性」です。
私たちは、「人間の尊厳」を強調し、女性と子供を含むすべてのウクライナの人々と一緒に、「女性、平和、安全保障」、すなわちWPSの観点からウクライナの自立的な発展と再建を支援します。 長期間。

二つ目は「パートナーシップ」だ。
ウクライナの再建を実現する主体はウクライナの国民でなければなりません。 ウクライナの長期的な再建を持続可能な方法で推進する最も重要な鍵は、日本の一方的な支援ではなく、ウクライナの国民と協力することです。 日本はウクライナ側の要求に誠実に応え、その要求に丁寧に対応します。

第三は「知識と技術」です。
日本の戦後および災害復興努力から得た知識と民間部門の先端技術とノウハウを活用し、日本の公共部門と民間部門の両方が日本のアプローチを通じて協力します。 もちろん大企業だけでなく、先端技術を保有した中小企業も参加できる扉が開かれている。

この3つの原則に加えて、私たちは日本の民間投資促進とウクライナでの雇用創出のために次の5つの措置を講じます。 今日の会議の重要な結果としてこれを発表したいと思います。
まず、法的インフラ構築の一環として新たな租税条約を締結します。 私達はまた投資契約の見直しのための交渉を始めます。
第二に、ウクライナの再建を促進するために欧州復興開発銀行(EBRD)の増資に寄与し、黒海貿易開発銀行を通じた2段階融資を提供するなど、国際金融機関を通じてウクライナを支援します。 JBIC。
第三に、量子協力の形でウクライナのベンチャーキャピタリストを対象に、ODAとJICAの民間部門投資金融を通じて民官協力事業を推進します。
第四に、両国間の事業関係と投資、貿易を拡大するためにキエフにJETRO事務所を設立します。 また、NEXIは日本企業の投資及び貿易リスクを減らすために新たな信用限度を構築する予定だ。
第五に、日・ウクライナ協力プロジェクトに参加するウクライナ国民に対する複数入国ビザ要件を緩和する対策も導入します。

3大原則と5大行動に基づく具体的な約束は、スタートアップを含む日本企業とウクライナパートナー間の50以上の協力結果文書に反映されています。

日本は、これらの措置や項目について着実にフォローアップする。 日本は、初期の緊急支援や日常生活の復興から、より堅牢な産業再建・強化段階に至るまで、さまざまな段階でウクライナの経済発展を支援するために最善を尽くします。 私たちはまた、ウクライナの経済基盤を構築するためのさまざまな措置を通じて、日常の人々の生活を再建し、新しい産業を創造するためのウクライナの努力を支援します。 これはウクライナの回復/再建プロセスをより持続可能にし、最終的に役立ちます。 、
全体の経済をより強くする。

ウクライナの再建は1日の朝にはできません。 このような努力において、国際社会の連帯も強化されなければなりません。 私たちはパートナーや国際機関と協力し、G7や他の国々と緊密に協力します。 来る6月、ドイツが主催するウクライナ国際復興会議など、国際議論の多様な展開に合わせて、私たちの対策と努力を緊密に広げます。

ウクライナがロシアの侵略を傷つけ、再建を実現し、活力を取り戻すことは、日本と国際社会全体の関心事です。 今日の会議のためにここに集まったすべての参加者の協力を心からお願いします。

ありがとうございます。」


READ  三井、炭素排出権の創出のためオーストラリア企業に投資
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours