経済

経済活性化長官は財界に在宅勤務をさらに奨励すべきだと促した。

ヤマギとダイシロ経済活性化大臣は、木曜日のコロナウイルスのオミクロン変異の急速な普及に対処するために、在宅勤務をさらに活性化するようビジネスコミュニティに依頼しました。

政府のコロナウイルス対応を担当している山口は、日本企業連合(Japan Business Federation、またはKeidanren、日本商工会議所および日本企業協会)の3大ビジネスロビーグループの指導者と遠隔会議で要請しました。 エグゼクティブ、またはKeizai Doyukai。

Yamagiwaは、会議で「私たちは、企業がビジネス継続性を保証するという点で、自分ができることと状況を最もよく処理する方法を考えてほしい」と述べました。

長官は、変種の追加拡散が予想される時期に社会経済的活動を維持するため、在宅勤務を中心に事業継続性計画を設けることを財界に要請した。

ヤマギワは「企業が遠隔勤務を効果的に活用する先進事例を公開し、これらの遠隔勤務の利用を他企業に広げることを望んでいる」と述べた。

一方、大臣は会社ごとに運営状況が異なるため、通勤者数を70%減らすなど在宅勤務に関する財界数値目標は立てなかった。

会議の間、慶尚玄のマサカズ・トクラ会長は、ビジネスグループのメンバーに遠隔勤務の使用を含む事業継続計画を立てるよう要請したと述べた。

これと共に徳倉は現在14日に設定されたコロナ19密接接触者隔離期間を短縮することを政府に要請した。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本で自動車販売が困難になっている中、ディーラーは老年層に集中しています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close