理科

経済産業省、AI、およびデータ科学の無料講座を公式サイトで紹介12月から| Ledge.ai



画像は、経済産業省 公式サイトより

経済産業省は11月9日、人工知能(AI)とデータ科学などのデジタル技術を学ぶことができる無料のオンライン講座をウェブサイトで紹介する「巣ごもりDX段階講座情報ナビ」プロジェクトを開始すると発表した。 現在、このサイトに掲載を希望する無料のオンライン講座を公募している。

経済産業省は、このプロジェクトを始めた理由は、デジタル変換(DX)が加速していることや、新型コロナウイルス感染(COVID-19)の影響で社会人が家にいながら新しい知識と技術を習得しようとする学び再び意欲が高まっていることを挙げている。

また、最近、様々な事業者がデジタル技術の学習について、様々なサービスを展開しているが、これらの情報は、個々の事業者のウェブサイトに掲載されている場合が多い。 情報の記載方法も各サイトごとに異なるため、利用者にサービスを選択することができなかった。

経済産業省は、このプロジェクトを通じて、これまでのデジタル技術を学ぶ機会がなかった人も新たに学習を開始するきっかけを得ることができるようしたい。

経済産業省の公式サイトで12月公開予定

このサイトの掲載条件としては、「法人(法人番号の指定を受けた者)が提供する講座である「 “原則として誰でも無料で受講することができるオンライン講座であること」、「デジタルに関するスキルの習得に役立つ講座ある([※ 1]次のカテゴリのいずれかに該当するもの)」、「講座の内容(テキスト、動画など)がすでに無料で公開されており、内容の確認が可能であることを」のすべてを満たす必要がある。

[※ 1]カテゴリはAIとデータ科学のほか、クラウド、IoT、セキュリティ、ネットワークの基礎理論、コンピュータシステム、技術要素、開発技術、プロジェクト管理、サービス管理システム戦略、経営戦略、企業と法務その他。

このサイトは、経済産業省の公式サイトで12月の公開を期待しているという。 Ledge.ai編集部では、このサイトの速報を伝えたい。

>>プレスリリース

総務省が統計オープンデータに関する無料講座を開講、西系氏などの講師

無料オンライン講座と言えば、総務省が10月27日に発表したデータ科学のオンライン講座「誰でも利用することができ、統計オープンデータ」に注目して欲しい。 授業料と受講料は無料です。 開講は2021年1月12日〜2021年3月8日に、すでに受講者募集を開始している。

本講座は、社会人・大学生の統計オープンデータを活用したデータ分析の方法をわかりやすく説明するという。 政府統計の総合窓口であるe-Stat総務省と独立行政法人統計センターが提供する統計GISとAPI機能などを使用して統計オープンデータを活用したデータ分析手法を学ぶならない。

講師は、「統計最強の学問である」(ダイヤモンド社)などの著書で知られる統計作家西系氏、株式会社谷代表取締役で「GEEO」の開発者でもあるやつ祐一朗氏が務める。また、本講座は2017年6月に開講して約2万人が受講した。2020年1月に実施した講座を再開講する形になる。

READ  指先に振動 "転倒"リスクを測定...第2回医療ベンチャー対象[요미우리 신문]| 医療ニュース| Medical Tribune

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close