トップニュース

経験をもとにした、より良い災害予防技術

東日本大震災以降、10年以上の期間中の災害防止技術は、将来の脅威に対処するために継続発展し、成長しています。

プロジェクトの中には仙台市と近隣福島県の被災地の企業や海外の現場で働く企業を接続するプログラムがあります。

二市町村は、中央政府と日本貿易機構(JETRO)と一緒にプログラムを運営しています。

仙台市公務員である荒木だ治はしなければならないことが相当であると認めます。 「今後10年は回復中に学んだ知識を世界と共有することです。」と彼は言う。 「産業、政府、その他の組織間の協力を促進するシステムを構築し、防災分野を発展させ、新たなソリューションを導き出したいと思います。」

伝染病が行われている間、オンラインで行われた審査プロセスを介して、全世界の40以上の会社がサポートヘトウミョイのうち9社が最終の削減をしました。

日本では技術の会社であるMitsui Knowledge Industryを含む4つの大手企業がプログラムに参加しました。 仙台事務所は研究所と手を握って、地震センサのデータを分析し、自動的に被害を予測し、建物の所有者にレポートを送ることができるシステムを構築しました。

三井知識産業は、実際の地震発生時の現地のユーザーがアップロードした写真や動画を分析することができるようにソーシャルメディアと連携してシステムを強化しようとする。 これは、公務員が被害をより正確に評価して避難するのに安全な地域を見つけるのに役立ちますです。

このプロジェクトの面で企業は、人々がインフラストラクチャの問題について当局に知らせることができる「スマートシティ」の技術を専門とする、インドネシアの会社であるQlueとの連携を検討しています。 例えば、くぼみを見写真を撮る地域住民は、システムを使用して、関連当局に送信することができます。

Mitsui Knowledge IndustryのTando Shoichiは「Qlueはすでにインドネシアでスマートシティサービスを保有しており、独自のシステムを作成したので、これらのアイデアと利点を組み合わせて、新しいソリューションを開発したいと思います。

新しいプログラムは、東日本大震災で被害を受けた地域の企業とのより良い防災技術を作るのに役立つことができる、世界中の企業を接続することです。
ビデオを見る4:06

大きく考えている小規模の選手

このプログラムは、小規模な地域の企業がグローバルに進出する機会でもあります。 その中には仙台に拠点を置くIT企業Andexがあり、直接経験をもとにアイデアを持っています。 10年前の東日本大震災以降、会社の社長三島たは避難所で改善の余地が見つかりました。

“センターで何かを必要とし、要求をしたとき、いくつかのは、必要なものよりも多くいただきました。」と彼は言う。 「同時に、100人がいるいくつかのセンターでは、10個未満の商品を受け取ることです。不一致がありました。 “

この問題を解決するためにしたかのアイデアは、AIや画像認識ソフトウェアを使用して従業員の数、年齢、性別についての情報と一緒に救援物資が必要な所を公務員にリアルタイムで表示されます。

アイデアを現実化するために、企業は、同様の技術を使用して店の主に製品の再入荷時期を示すタイの会社を含む外国企業に会った。 3月の会議は、取引なしに終わったが、会社は継続話すと言う。

「私たちは経験があります。私たちは、本当の痛みと恐怖を知っています。」とMishimaは言います。 “ソリューションを作成する仙台で全世界に共有したいと思います。」

JETRO地域投資本部長Kigawa Mikikoは、このプログラムは、この地域に、より多くの外国企業を誘致するために役立つと考えている。 一般的に、そのような会社は、日本での事業を拡大する際に、東京などの主要都市だけ検索します。

「ここでの経験は、外国企業に引き付けられることがあります。」と彼女は言う。 「このような巨大な災難に直面した都市は、世界のほぼありませんが、どこでも起こることができることです。」

READ  レッドソックス、日本のRHP澤村拓一、2年契約を締​​結

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close