Tech

結局、「紙が必要ない」と思った。参考専用タブレットreMarkable 2(ギズモ・ジャパン) – Yahoo!ニュース

今、紙とペンを探してゴソゴソしていなくてもなるかも。 「メモ」と呼ばれるこの単純な作業。 メモキャッチアプリケーションや手書き認識アプリケーションは、様々なていて、装置も、スマートフォンやタブレットPCにスマートウォーとドリームみどりだが、メモキャッチはどうしても実際の紙とペンよりもきてことがないようです。

[전체 사진보기]ついに「紙いらない」と思った。 参考専用タブレットreMarkable 2

しかし、米GizmodoのAndrew Liszewski記者によると、E InkタブレットreMarkable 2はそのようなアナログ波納得できる超書き心地使用感を実現しているそうです。 以下、詳細レビューです。 2年前くらいまで、私は、電子ペーパーなど昔ながらのすべての人に時代遅れであることを確信していました。 その認識をいい意味で裏返したのが現実的な紙とペンの使用感を完璧に再現したE Inkタブレット招待reMarkableで私はこれを手に入れてから、現実的なノートパソコンを使用していないくらいです。 その後続reMarkable 2は初代を超え書き心地を実現し、更新されたハードウェアは、とても洗練された印象です。 今の読書用にもKindleの代わりになると完全何ですけどね〜。

より洗練されたデザイン

reMarkable 2は初代よりも本体が若干小さくなりましたが、画面サイズは同じ10.3インチ、左ベゼルはむしろ大きくなって、手で持ちやすく、画面をブロックせずに持つことができるようになりました。 reMarkable2裏面は全面プラスチックゴム足は小さくなり、ケースに貼るマグネットが内蔵されています。 電源/スリープボタンは本体左上が少ないのですが、初代のようにくぼみなく押しやすくなりました。 reMarkable 2の厚さは4.7mmと招待の6.7mmよりも薄くなりました。 ただ重量はプレミアム素材を使用している方、50g増えています。 招待reMarkableにあった3つの操作ボタンはreMarkable 2がなく、タッチスクリーンでの操作された。 初代reMarkableデザインはE Inkスクリーンこそスター、それは良いものでした。 フロントホワイトのケースは、スマートでミニマルで「これは、紙だ」という印象を強くしていました。 ただし私はガジェットを可能きれい輝きを維持しようとする方ですが、それでも招待プラスチック白ケースは、ほこり傾向があり、ベタベタした指紋を拭くことが困難であった。 一方、reMarkable 2は、明るい灰色の金属のアクセントがついているものとサイズが小さくなったことで、より洗練さに感じます。 招待はmicroUSBた充電ポートはreMarkable 2は、USB-Cになって、下の左側に電源/スリープボタンも左上に移動しました。 本体左側面には、金属製のバーがある、右サイドよりも若干厚くした手でも、画面をブロックし持つことができます。 招待は、画面の一番下に三あった物理ボタンもreMarkable 2は消え操作はタッチジェスチャーが必要です。 物理的なボタンは、やはり存在しない場合寂しいが、私は今ボタンがない状態に慣れてしまいました。 reMarkable 2は初代よりプレミアム感が増しているので、400ドル(約4万2000円)の価格も納得しやすいかもしれません。 ただし、本体の重さが404g(初代は350g)と50g以上増加しており、招待に慣れているの違いはわかります。 私自身は、初代がiPadよりかなり軽くケースにカバンにポン入れても平気という感じが好きだった。 純正ケース付きのiPad Proでも600gちょっととかのために若干の違いかもしれないのですが、とにかくreMarkable 2は初代に比べると、より丁寧に扱わなければならない感じがしています。 しかしガジェットは、おもちゃのトラックのように頑丈なだったらできないでしょうか? 招待reMarkableがまさにそれだったのですが、reMarkable 2も長く使ってみよう丈夫すればいいと思います。

READ  iPhone12シリーズ、iOS14.1がインストールされて出荷または - iPhone Mania

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close