トップニュース

統一教の創始者「日本人の貯蓄は信者のためのもの」

Unification Churchの創設者であるSun Myung Moon、Left、そして彼の妻Hak Ja Hanは、世界平和と統一の公式YouTubeチャンネルの家族連盟のイメージで見ることができます。

統一統一教会の創設者であるSun Myung Moonは、1998年3月に韓国での人々の貯蓄が「みんなに」教会のメンバーに言及し、615冊の発言を分析している間に発見されたと述べた。 ドアによって53年以上。

– 日本を「資金源」と見なす

現在公式に世界平和統一家庭連盟として知られる統一教は、現在韓国と日本の関係を「同等の」関係と見ていると強調する。 さらに、文大統領の説教は「読書用として特に追従者のための指針として使用されない」と日本広報部は伝えた。 しかし、創設者はまた、日本の教会の信者が先祖の通帳を引き渡さなければならないことを示唆する声明をしました。

日本の金融資産に関する陳述は『文純明先史』に載せられ、毎日新聞が翻訳・確認した。

615冊の説教は、1956年から2009年の間に韓国の信者に一文大統領の言葉を記録しています。 現在絶版されて入手しにくい各巻の長さは300~400ページです。 毎日新聞は日本統一教広報部が全集を「不法複製」しているとウェブサイトを通じて文大統領の発言を確認した。

イメージは世界平和統一家庭連合創立者が韓国で伝えた演説集「文純明牧師の説教」の一部を示している。 ある説教で、文大統領はフォロワーたちに日本の貯蓄は「皆さんのためのもの」と言いました。 (画像一部修正)(Mainichi)

305巻36ページは、文大統領が1998年3月29日、韓国のある説教でフォロワーたちに「日本に12000億貯蓄があると聞いた。100分の1を使うには?

「1兆2千億」単位は供給されていないが、日本で保有している個人金融資産の規模を指すことが分かった。 日本銀行によると、1998年3月に終了する事業年度の金融資産は1兆2860億円だ。 当時、これらの資産は貯蓄中心から投資中心への転換に関心を持っている国内外の投資家から大きな関心を受けていた。

昨年日本で流行した言葉は金融システム改革を称する「日本ビッグバン」だった。 続いて橋本龍太郞首相は1兆2千億円の個人金融資産を最大限活用するための規制を見直そうと提案した。 文大統領の発言は、投資関連の「1兆2000億円積金」に対する関心を暗示する。

当時、宗教団体は日本を「太陽と民族」と呼んだ。 文大統領はこの用語を使って「海和局はすでにお金を貯めた。誰のためのものか?皆さん、統一教会の皆のためのもの」と話した。

– 統一教会、日本への屈服的立場の否認

2022年9月22日、東京渋谷区で開かれた記者会見で世界平和統一家庭連合会改革推進本部の手川原秀幸議長が記者会見をしている。 (Mainichi/Yohei Koide)

観察者たちは、この宗教団体の教義が日本を資金源として見る背景になったと話しました。 教義は、日本と韓国の関係をキリスト教聖書の旧約聖書に出てくるハワとアダムに例えます。 教会は日本が韓国の「アダム国」を侵略した「海和民族」であり、これを贖罪するために日本が韓国に仕える責任があると主張した。

しかし、現在統一教会の立場は、こうした考え方が改編されたということだ。 教団改革推進本部長である手川原秀幸は記者懇談会で「今、私たちは韓国を「父国」、日本を「母国」と呼ぶ。 父と母は基本的に対等な関係であり、どちらが高い、低いの問題ではない」と日本が服従する立場にあったと否定した。

文大統領は実際に’アダム民族'(韓国)と’海和民族'(日本)の用語を父と母の関係に変えたと明らかにしたが、説教リストを見るとそのような表現がないようだ。 日本を従属国として見る視点の変化。

文大統領は2002年2月19日、370巻170、171面で「以前に「アダム民族」、「海和民族」としたが、1978年から「父国家」と認めた。 「と「母国」」 しかし以後「母(日本)が息子娘(外国)を育てなければならない。 したがって、すべての日本女性は息子娘を再教育しなければならない」と日本が犠牲にしなければならないと提案した。 彼らがすべて犠牲になっても日本は滅びません。」

続いて「彼らは統一教の重要な神道」と日本国民を指し、「汗と涙と血を流さなければならない」と促した。

彼が提供したこの写真には、金沢大学の正崎中正教授が見られる。

教会に通った金沢大学の中崎真正教授は、「韓国の宗教団体は信者が少ないため、日本を「母国」としてお世辞にしなければならなかった。資源、誇りを維持することができます。言い換えればいいのです」

– 「お金を払わなければ先祖を生かすことはできない」

文大統領は1998年3月29日、説教で日本の貯蓄は「皆さんのためのもの」と話した。 文大統領はまた、教会が日本の信者に寄付を要請するとき、先祖に言及していると暗示する発言をした。

305巻46、47ページで、ムン氏は「先生のポケットにお金があって夜に眠れない。今は何もないじゃないですか?

続いて「でも、だからといって1万円札を要求するわけではない。先祖から受け継いだ貯蓄通帳を入れてほしいという意味だ。?」

日本の霊的販売反対弁護士協会(National Network of Lawyers Against Spiritual Sales)から提供されたこのイメージには、統一教信者が購入した印章セットが示されています。

「はい」という言葉が続きます。 すると文大統領は「先祖たちに受け継がれた貯蓄通帳を与えなければ生かすことができない」とし「先祖たちが「ああ、私たちの家族もやってほしい」と思う」と話した。 (寄付として)祝福を受ける。」

「祖先救援」のために団体に寄付を促すと認識できるグループ創立者の発言は、「霊的セールス」を連想させる。 彼らの不幸は、高価な花瓶やその他のアイテムを購入することを可能にする「先祖の売り上げ」です。

1980年代、日本では統一教の霊的販売に対する批判が爆発し、その問題は社会的問題に発展した。 2009年には宗教団体社長などが拘束された。

この教会は今年7月、安倍晋三前首相の総撃事件以後、巨額の寄付金に関して再調査を受けた。 安倍暗殺の疑いを受けているこの男性は、自身の母親が安倍首相に巨額の寄付をした後、グループに憤慨したと話した。 安倍元首相が統一教関連団体に映像メッセージを送った事実を知って安倍を狙った容疑を受けている。

(デジタルニュースセンター広行田中、ソウル事務局坂口広彦、渋江千春の日本語オリジナル)

READ  日本、台湾の危機に警告、米中競争のリスク増加

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close