トップニュース

統一教徒の信徒たち、「偏った」日本のメディアの非難

ソウル、韓国(AP) – 木曜日に数千人の統一教徒が韓国で集会を開いた。

ほとんどの韓国人配偶者と結婚した後、韓国に定住した日本人の追従者であるデモ隊は、日本の報道が安倍の死に対して「根拠なしに」自分たちの教会を非難する反統一教会専門家、弁護士、プロテスタント牧師たちが主導していると主張した。

彼らは、そのようなマスコミの報道とコメントが、すでに社会的迫害と家族から信仰を撤回するという圧力を受けるのを恐れている日本の信徒を不安にさせたと言いました。

日本の統一教徒が彼らの宗教からプログラムを取り除こうとする親戚によって拉致または監禁された例があります。 極端なケースは、トルゴトという男が関わっています。 彼は家族に彼の信仰を放棄するよう強制し、2008年まで12年以上東京のアパートに閉じ込められていました。

ソウル集会でデモ隊は日本の状況を宗教弾圧と糾弾するスローガンを叫んで「人権侵害を中断せよ」、「拉致と監禁事業を絶対許してはいけない」というハングルと日本語で書かれたピケットを振った。

山田拓子は舞台で涙を流して教会の正式名称を使用し、舞台で「現在の日本の世界平和統一家庭連合会の信者たちは、偏波的で歪曲されたメディア報道によって旧式魔女狩りにさらされている」と話した。

彼女は「愛する祖国日本で宗教の自由がきちんと保護されるように、すべてのメディアが即時主導的な役割を果たすことを促す」と話した。

統一教によると、現在韓国人配偶者と結婚して韓国に居住している日本人信者は1万人余りに達する。 木曜日のデモには約4,000人が参加すると予想した。

日本でこの教会の追従者たちと日本の保守政治家たちとの深い関係は、7月8日安倍首相の暗殺以後強烈なメディア報道の対象となった。

容疑者山上哲也は統一教との絆を理由に元首相を標的としたことが分かった。

安倍首相は2021年9月、天州平和財団に映像メッセージを送り、朝鮮半島の平和のための努力と家族の価値を強調した。 一部の専門家は、安倍の映像出演が加害者に動機を与えた可能性があると述べている。

岸田文雄日本首相は安倍首相と与党高位党員との関係をめぐって統一教と政権を分離するため先週内閣を改編した。 安倍首相の弟である岸信夫元防衛賞を含め、長官7人は解任された。 彼は教会の信者が過去の選挙運動でボランティアだったと認めた。

大規模な結婚式で有名で自らをメシアと呼んだ創設者である韓国教会は、多くの日本保守議員たちと緊密な関係を築きました。 これには、1955年の創党以来ほとんど中断することなく日本を統治してきた安倍の自民党議員が含まれます。

この教会は安倍首相の祖父である岸信介をはじめとする日本右翼政治家たちの強力な反共主義を元にした故文純明牧師が1954年にソウルに建てた。

批評家によると、この教会の募金活動は日本で特に攻撃的だった。 なぜなら文大統領は1910年から1945年まで東京が支配した朝鮮半島を植民地にした祖先たちの罪を贖罪するためにより多くのお金を捧げなければならないと、そこのフォロワーたちに教えたからだ。

READ  日本人口の半分以上が追加注射を受けた。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close