理科

綿菓子製造機でN95マスクレベルのフィルタを作成する方法を物理学考案 – GIGAZINE



総感染者数が6215万人・総死亡者145万人記録しても拡大を続け、新型コロナウイルス感染(COVID-19)の拡大防止に「マスク」が重要であるとされています。 そんなマスクの中でも、医療グレードの “N95マスク“に匹敵する静電気層を”綿菓子製造機「作り出す手法を沖縄科学技術大学院大学(OIST)マヘトシュバンディ准教授が考案した。

一般的な材料を使用する電気充電式顔面呼吸生地| Royal Society Aの時事通信:数学、物理学、工学、科学
https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rspa.2020.0469

N95-電荷ろ過原理に基づい一般材料を使用したフェイスマスク設計| OISTグループ
https://groups.oist.jp/ja/nnp/diy-face-mask

綿菓子製造機でマスクを製造| 沖縄科学技術大学院大学OIST
https://www.oist.jp/ja/covid-19/community-projects/face-mask

マスクは手作りから医療に至るまで、様々な存在するが、ウイルスを吸着するフィルターの品質に大きな差この低品質のマスクは、ウイルス粒子を吸着することができる静電層が存在しないため、感染対策として有効ではありません。 「N95マスク」のフィルタに比べて静電層は、製造が難しいため、高価であり、供給が不安定であるという問題があります。

マスクの製造は、思ったより難しい理由は? – GIGAZINE


バンディ教授が新たに考案したのは、N95マスクに匹敵する高性能静電層を「綿菓子製造機」で作り出す手法。蛍教授は車のバッテリーを接続して、12〜14ボルトの直流電流をかけるようにした綿菓子製造機に「ペットボトル粉」を投入して綿菓子製造機によって加熱された繊維街されたペットボトルの原料であるポリプロピレン静電気ナノ繊維の織物を作成しました。


走査型電子顕微鏡により、今回作成された帯電ナノファイバー生地(写真左)とN95マスクの静電層(写真右)が次のように識別可能な構造の違いはないこと。


この方法によって生成された静電ナノ繊維3枚と電圧を印加していないナノファイバー生地2枚を交互に重ね、5階のマスクを作成することができます。 この5階のマスクN95マスクと同じレベルのウイルス除去性能を持っていたことが確認されています。

蛍助教授ソフト物質物理学と応用数学などを生物学的問題に応用する非線形・批評物理ユニットをOISTで研究している人物。 2020年5月には、COVID-19に関する国際研究チームの一員として琉球新報に無症状病原体保有者のCOVID-19拡散の危険を説明する記事を寄稿しました。

<신종 코로나 OIST 의한 통찰> 5ウイルスの拡散経路追跡の症状の移動が危険に – 琉球新報デジタル| 沖縄の速報・情報サイト
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1131056.html


この記事のタイトルとURLをコピー

READ  RTL Today-震度9.0の地震:数字で見た日本の2011年の災害

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close