世界

緊張したリビア、大統領選挙の延期

リビア議会は、長い間待ってきた金曜日の大統領選挙を予定通り開催することは不可能だと宣言した。 ムアマール・エル・カダフィは転倒しました。 革命で死亡

ハーディ・アル・サヒル議会選挙委員会委員長が水曜日に発表した発表は、リビアのほとんどすべての人々が既に知っている事実を確認してくれました。 それにもかかわらず、政治的緊張を沸騰させると脅した。

Al-Sagheerは、声明で「技術、司法、およびセキュリティ報告書を検討した結果、選挙法によって定められた日に選挙を行うことが不可能であることをお知らせします」と述べました。

多くのリビア人と一緒に西部外交官は、この選挙がほぼ10年に近い内戦と まだ大きく二つに分かれた国を統一する。 新大統領の選出は、近年内戦を起こすために投入された外国戦士の軍隊を追出し、リビアの複数の民兵隊を単一国家軍隊に統合し、再結合する鍵とみなされます。 壊れた政府機関。

リビアは水曜日の朝に煙が発表され、すでに危機に瀕している。 首都トリポリでは、火曜日に武装した男とタンクが通りに配置され、大統領宮への道を閉鎖し、住民が食糧を備蓄するために忙しく動き、差し迫った武力衝突に対する恐怖を惹きつけました。 夕暮れまで暴力は発生しませんでしたが、多くの人々はこの静かな沈黙が続かないと心配しました。

リビアは1年以上独立70周年記念日の12月24日に選挙を控えていた。 しかし、それはますます明らかになった 最近の数週間の間、主要候補者の資格および選挙法についての議論のために、選挙は計画通りに進めなかった。

選挙管理者はすでに選挙スタッフに火曜日の夜に家に帰るように言いました。

今の問題は、投票がいつ行われるのか、延期された選挙が行われるのかということです。 壊れにくい — そして、誰がその間にリビアを制御するのか。 国際モデレーターが今まで残っていない新しい選挙日を探すために努力し続けている間、リビアの政治家はすでに投票を取り巻く不確実性が加わり、方向が違う危機に瀕した国を掌握するために競争していました。

中央選挙管理委員会は1月24日を新しい選挙日として提案した。 しかし、その日付が広く受け入れられるかは未知数だった。

選挙が行われる前に、いつでも多くのことをする必要があります。

投票箱と投票所の面では、リビアはある程度の設備を備えています。 しかし、選挙法の公平性に対する疑問は依然としてある。 外交官とアナリストは、選挙前にリビアが改善された選挙法と特定の候補者が出馬できるかどうかを決定する新しい高等裁判所が必要だと述べた。

最も面倒な症例は、元独裁者の息子サイフ・アル・イスラム・エル・カダフィについてです。 2011年の革命による戦争犯罪の疑いで国際刑事裁判所によって手配されており、現過渡政府の指導者であるアブドゥル・ハミド・ドベイバは、選挙日の3ヶ月前に執権から退けなかったという理由で他の候補者によって起訴された。 。 リビア法は要求します。

多くのリビア人は、エル・カダフィ、デベイバ、2年前にトリポリを占領するために軍事キャンペーンを開始した独裁者カリファ・ヒフターのような主要な候補者の双極化が、最終勝者が正当な人と見なされることを不可能にするのを恐れています. 。 。

そして正当性は、将来の大統領がリビアの多くの課題を解決するために必要なものでした。

過渡政府と選挙に対するロードマップを提示した国連招集機構であるリビア政治対話フォーラム(Libyan Political Dialogue Forum)のアフメド・シャルカシ(Ahmed Sharkasi)会員は「新大統領は国際的な対話だけでなく国民から権力を行使するだろう」と言った。

彼は、現政府が少数のリビア人だけが参加する国際仲裁プロセスを通じて選出されたと述べた。

現地マスコミは、水曜日早く選挙管理委員会委員長のEmad al-Sayehが選挙を予定通り開催できなかった後、委員会理事会が辞任したと伝えた。 しかしSharkasiは後でMr。 al-Sayehと直接話をしたと言って、これを否定しました。

リビア政治で最も著名な数人を含め、ほぼ100人の候補者が人口約700万人のリビアで大統領選挙を宣言しました。 リビア人の3分の1以上が有権者登録を行い、そのうち240万人以上が投票カードを持って参加意思を明らかにしました。

READ  米国と英国、「差し迫った攻撃」の脅威についての人々にカブール空港を避けるよう警告

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close