緊張感あふれるFIBAアジアカップ予選で日本が中国を破った。

Estimated read time 1 min read

SportsLookで記事全体を読んでください。 緊張感あふれるFIBAアジアカップ予選で日本が中国を圧倒します。

の資格 2025 FIBA​​アジアカップ 日本男子バスケットボール代表チームの次の目標はこれだ。 Tom Hovasse監督のチームは2月25日日曜日に歴史的な勝利を収め、その方向に大きな一歩を踏み出しました。

日本は東京有明コリセウムで開かれたC組の1次予選で中国を76-73に破って2-0で勝利した。 木曜日、日本は同じ場所でグアムを77-56に勝ちました。

上記の歴史的言及について:これは、1936年以来、日本の男性チームが主要大陸またはグローバルトーナメントで中国に勝った最初の勝利でした。

1936年ベルリン夏季オリンピックで日本は3点シュートが登場する35~190年前に中国を破った。 中国は1975年から2005年までFIBAアジアカップ16回のうち14回優勝し、男子バスケットボールでアジア最高の川チームに浮上しました。

そして今? 2024年パリオリンピック12カ国トーナメント出場権を獲得した日本は世界ランキング26位だ。 フランス首都パリで出場資格を得られなかった中国は29位だ。

広告


ウクライナ援助バナー
赤月ジャパン選手たちが中国を破った後、反応を見せている。 (FIBA.バスケットボール)

日曜日の有明コリセウムでは、1936年にドイツよりもスコアがはるかに早く積まれました。 男性と女性の国家代表フープチームとして知られている赤月ジャパンは、決勝船まで降りた激しい接戦で勝利を収めました。

中国のジュンロン州(Junlong Zhu)がブザーでタイを作る可能性がある3点シュートを逃した。

FIBAアジアカップ予選で日本が勝利したことに対する反応

ホバッセは試合後の記者会見で「それは私たちにとって大きな勝利でした」と宣言しました。 「私は、試合が終わった後、チームに本当にレベルの高いチームを相手にしたこの勝利は、みんなの自信を少し高めてくれると言いました。 . 私達の目的。」

するとコーチは「やることができて本当に幸いだった。大変な試合だった」と話した。

FIBA アジアカップ
日本のトム・ホバセ監督が中国を相手にチームを率いている。 (FIBA.バスケットボール)

チームの最近の主要なイベントの試合で、中国は2022年のFIBAアジアカップ予選第2回戦で日本を席巻し、2021年6月16日と19日に90-84、66-57で勝利しました。

日曜日に3点対6安打4安打を含めて24得点で日本を率いてチーム最高記録の3​​7分以上を走った馬場ユダイも、ホバセの見解を反映しました。 彼は笑顔で、これがチームの重要な勝利であると宣言した。

広告


ウクライナ援助バナー

「私たちの最初の勝利だった。 [against China] 88年ぶりにコーチが言ったように今日はすごい勝利だった」とBリーグの長崎ベルカでプレーしている馬場は言った。

SportsLookで全内容を読んでください。

関連:

著者:エド・オデブン

エドを探す ジャパンフォワード'専用ホームページ、 スポーツルック 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日はX(以前はTwitter) @ed_odeven

READ  日本に行く他の道| スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours