理科

緊急解除後、東京のエンターテイメント地区の夜間人口急増



2020年4月に毎日新聞ヘリコプターで撮影した写真で東京新宿エリアの高層ビルを見ることができます。 中央に東京都庁が見えます。 (毎日/吉田幸太郎)

東京 – 3月21日、第2次緊急事態が解除されて以来、夜に首都の賑やかなエンターテイメント地域に居住する人々が急増しており、東京都4月1日の感染状態の監視と評価会議で報告された。 首都。

コロナウイルスの亜種の拡散に対する懸念が残っているので、会議の専門家は、感染状態の切り替えについて強化された警戒が必要との見解を表明しました。

東京の感染状態や医療システムの警報レベルは4段階のシステムで最も高いレベルに維持された。 首都の最近7日の平均新規感染件数は3月31日現在349.4で前週より約50件に増加しました。

東京都医科大学社会科学・医学研究センターによると、首都圏の7つの主要な歓楽街の外出と約1週間ぶりに首都圏の緊急終了後急増、センターは、今後数週間のうちに感染状態が悪化すると警告します。

コロナ19に入院した患者数は、3月31日現在1,466人で、週95人増加した。 日本全域での突然変異菌株の感染が報告されており、東京医師会くち正隆副会長は、4月1日の会議で、「現在の医療サービスシステムがバリアント菌株による感染の急速な普及に対応することができないことが懸念される」とと述べた。

ソウル市は、早期の感染を早期に検出するために、4月1日の検査の専門チームを新設した。この研究は、高齢者のための施設の従業員に定期的にポリメラーゼ連鎖反応検査を実施して、忙しい地域と主要鉄道駅からランダムに人々を検査する予定である。 。

また、民間企業が東京都衛生研究所との2つの民間団体と一緒に3体選別システムを構築してコロナウイルスの亜種を検出するためのスクリーニングのために道のり部の努力に参加しました。 これにより、バリアント菌株のスクリーニング比率が新しい感染症の約10%から約20%に増加しました。

(時報部サイカワひとみが原作)

READ  帰還の成功は、スペースX有人宇宙船飛行士が見た地球| ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close