技術

総額3500万円分のグラフィックボードは、中国の工場から盗まれる事件が発生し – GIGAZINE



中国のビデオカードメーカーMSI工場で合計220万元(約3500万円)に相当するコンテナ40個分のグラフィックスカードが盗まれる事件が発生したと報道しました。

Grand theft GPU:$ 340,000相当のRTX 3090が中国で「トラックから落ちた」| Ars Technica
https://arstechnica.com/gadgets/2020/12/340000-of-nvidia-rtx-3090-graphics-cards-were-stolen-in-china/

報道によると、2020年12月4日にMSI傘下の製造工場で盗難事件が発生したこと。 被害は、コンテナ40個分の “のGeForce RTX 3090」を搭載したグラフィックスカードで、その総額は220万元に達すると発表されています。問題の製造工場が盗難事件を内部犯によるものと考えて、会社の従業員に対して「情報提供者は、補償金のを出す」という通知を出しています。 流出した内部文書を次に示します。


この文書には、事件のおおよその内容や工場の対応が次のように書かれていました。

1.最近、当社が製造した高額のグラフィックボードが犯罪者盗まれた。 事件は、すでに警察に通報します。 すべての従業員は、積極的かつ誠実な報告をしたいと思います。
2.この事件を解決するための情報を提供した人は10万元(約160万円)の補償金を与えます。 また、内部告発者の身元の秘密を厳守することを約束します。
3.事件に関与漢字がある場合には、会社のおかげでよく、あるいは対立部門の責任者に報告してください。 レポートの内容が真実であり、採集回収に役立つ場合には、警察に報告しているが不起訴処分になるように要求します。 法に誠実に対応します。
4.今回の通知を持って当社のスタッフは専門性と倫理を持って事例から学び、今後の戒めを要求します。

盗難されたグラフィックスカードは、「コンテナ40個分」と報道されているだけで、具体的な数量については明らかにされていない。 IT系ニュースサイトArs Technicaは被害額がGeforce RTX 3090を搭載したグラフィックスカードの希望小売価格である1500ドル(約15万6000円)で算出されたものであれば、約224個分に相当する換算。 事件発生時点で問題のグラフィックスカードは、品薄状態であり、オークションサイトの平均落札価格は小売価格の2倍未満である2600ドル(約27万ウォン)、最高落札価格は小売価格の10倍以上の2万ドル(約208万ウォン)に達したため、これらの落札価格で計算した場合には、被害額ははるかに高くなるではないかと指摘しています。

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
NVIDIAがGeForce RTX 30シリーズを正式発表、最上位モデルは、世界初の8K・60fpsのゲームが可能 – GIGAZINE

世間に大きな衝撃を与えた「歴史に残る7つの強盗・窃盗事件」とは? – GIGAZINE

500億円以上の価値がある美術品を81分で美術館で盗まれた泥棒の手法とは? – GIGAZINE

バケツに入った1億円を超える「金塊」を盗んだ男が言う国外逃避の結末は? – GIGAZINE

READ  Appleの共同創設者Steve Wozniak:「修理する権利を認識する時です」

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close