経済

緑の日本のためのシュガー計画は、風力エネルギーの分野で期待を呼び起こす

東京-800トンのクレーンを積んだ船舶Zaratanが先月、日本の北部、秋田港に到着したとき、日本の貿易会社Marubeniが初めて商業風力発電を開始した瞬間でした。 国内の水が形成され始めました。

2012年にMarubeniは洋上風力発電団地を建設し、維持するために使用されている英国の船の演算子であるZaratanのオーナーSeajacksを買収しました。 Marubeniはまた、英国洋上風力プロジェクトにも投資している。

しかし、ほぼ10年の間に「私たちは、 [offshore wind] Marubeni Offshore Wind DevelopmentのCEOであるHisafumi Manabeは、今後、日本で大きなビジネスを行うことができると言いました。 最後に、これが具体化されています。

この会社は、それぞれ300MWを超える二つの公開されたプロジェクトを含む、より多くのプロジェクトを進めており、2028年以来、商業運営を開始すると予想されます。

丸紅と他の企業にこれは日本の潜在的に広大な洋上風力市場が彼らの希望を達成し、彼らの忍耐力に報いるための条件が適切瞬間があります。

日本はインフラ格差、複雑な地理と規制の不確実性を反映して洋上風力エネルギーに転換するためにあり、他の国よりも遅れました。 しかし、シュガー義久に首相の日本が洋上風力によって生成されるエネルギー量の具体的な目標を裏付ける2050年までにカーボンニュートラルを達成するという誓約は、投資に対する企業の信頼を高めました。

海上風力発電の建設のために800トンのクレーンと2,000平方メートルのデッキスペースを備えた船舶Zaratanが秋田港に到着しました。 (Marubeni提供)

シュガーはまた、最近、日本の温室効果ガス削減目標を前の26%の目標で2013年レベルに比べて2030年までに46%に高めました。 小さな島国の場合洋上風力発電団地は、再生可能エネルギーの使用を増やし、これらの緑の約束を満たすために重要です。

「日本が達成することができない場合 [carbon neutrality by 2050]、終了します。 北海道北部の島で海上風力発電団地を開発している、東京に本社を置く、再生可能エネルギーの開発会社であるGreen Power Investmentの社長であるMitsuru Sakakiが言いました。 再生可能エネルギーのための障害が何であれ、日本が作ったので、よりたくさんの [net-zero] 宣言、 [I believe the government] 途中はしごを削除していないことです。 “と彼は言いました。

日本には以前に風力発電に対する誤った夜明けがありました。 2011年福島原発事故以来、原発が中断されると、日本は再生可能電力を販売することができる固定価格である瓶詰め関税(feed-in-tariff)の形で、再生可能エネルギーへの補助金をもっと導入しました。 しかし、年間風力発電設備は、実際に減少しており、開発はすべての大規模なプロジェクトに必要な長い環境評価を非難しました。 建設を検討し、国家電力網へのアクセス権を取得する前に、約5年かかります。

地域社会の承認を得るのも時間がかかります。 Green Powerの北海道プロジェクトのために住民とのコミュニケーション、会社がサイトを使用するために漁業から青信号を得るために、約7年がかかったとSakakiは言った。

プロジェクトはまた、長期的な確実性を制限しました。 2019年になって新しい法律に基づいて、政府が選択した地域の日本領海で最大30年の間に風力発電団地が運営されることがあります。 以前に洋上風力事業者は、MarubeniのAkitaプロジェクトのように海岸近くのいくつかの港地域を除いては、数年ごとに許可を更新する必要がしました。

シュガー政府の目標は、市場規模を提示することで確実に加えた。 洋上風力プロジェクトで2030年までに10GW、2040年までに30GWで45GWの電気を生産することを望んでいる。 1ギガワットは、原子炉の1つで生産される電力とほぼ同じです。 現在、日本では洋上風力で約0.06GWのみ生成されます。

陸上タービンの量が多いにもかかわらず、風力エネルギーは、2019年に日本全体の発電量の1%未満を占めました。 全体の再生可能エネルギーは、全体の18%を占め、化石燃料は約76%を占めました。

シュガー義久に日本の首相は昨年10月議会演説で、2050年までにカーボンニュートラルを達成することを約束しました。 (写真:葛西右イチロー)

経済産業省は、昨年秋田県、千葉県、長崎県で洋上風力事業者を選定するために、最初のオークションを開始しており、より多くの地域が予想される。

このような背景から、多国籍エネルギー生産が集まっています。 昨年、世界最大の海洋エネルギー開発企業である、デンマークのOrstedと日本のユーティリティTepcoは、東京の東の千葉県にあるChoshiで合弁を開始しました。 以前にStatoilとして知られている、ノルウェーのEquinorは2018年、東京に事務所を開き、2020年JeraとJ-Powerとのパートナーシップを締結し、日本初の海洋プロジェクトを開発した。 そして、ドイツのRWE RenewablesはKyushu Electric Powerのユーティリティ単位であるKyuden Mirai Energyと協力して秋田の海岸にタービンを設置しました。

それにもかかわらず、業界関係者は、環境評価と建設計画の承認のための要件を簡素化するなど、規制環境を改善するためにすべきことがたくさん残っていると言います。 産業と土地省庁は、これらの規制のハードルを解決するために、昨年に洋上風力促進のための企業委員会を構成しました。

日本はまた、洋上風力発電をサポートするために、電力網を拡張して、人里離れた地域で生成された電力を必要な場所に送信できるようにする予定です。

洋上風力の他の障害は、規制機関の範囲を超えています。 Goldman Sachsがサポートする再生可能エネルギーの開発会社であるJapan Renewable Energyの管理責任者であるKiyoshi Doiは、日本のコストが部分的には、地理ため、欧州に比べて高くなります。 日本の開発者は、地震や台風の危険性に特別の注意を払う必要があります。 日本では、風が弱い傾向があり、列島は水深が50mを超える水に囲まれており、風力タービンを海底に固定することは困難である。

コストを高めるもう一つの重要な要素は、洋上風力について「まだよく発達したサポート産業がない」とDoiは言った。 たとえば、Zaratanのような船舶が不足するため、建設、船舶は、ヨーロッパでのインドする必要があります。

Doiによると、日本のために設計されたタービンも必要だとします。 風が弱くても、ブレードが長い、より多くの電気を効率的に生産することができます。

Doiは「現在のコストの推定値は依然として高い」と述べた。 入札者は、プロジェクトに勝つためにオークションに参加して必要があるため、「収益性が大幅に難しいと予想している」と彼は言った。

収益性のもう一つのクラウドは、政府が高エネルギー料金に対する顧客の不満に敏感な瓶詰め関税を下げるをしたいのです。 2019会計年度海底に設置された洋上風力の価格はキロワット当たり36円だったが、秋田と千葉海域オークション参加者の最大関税は29円でした。

それにもかかわらず、JREは、これまでの3つの洋上風力プロジェクトを発表しており、約5つのプロジェクトをより進めています。 Doiは競争相手に飛び込むことを希望します。 より多くの経験とノウハウを介して会社は、コストを削減し、プロジェクトの入札で競争力を高めることができます。 「初期成果と経験が積もっより多くの勝利をおさめることができるだろう」と彼は言いました。

国内サプライチェーンの不足を強調する日本には風力タービンの主要メーカーがありません。 日立と三菱重工は、それらマンドゥルゴンたが事業から撤退した。 日本に工場がある外国の製造業者もありません。

しかし、東芝とゼネラル・エレクトリックは海上風力発電システムのための重要な機器を共同生産するために協議中の日経は2月に報じた。 両社は、発電機、ギアボックスとブレーキアセンブリを含むタービン部品を収容するナセルと呼ばれる機器の生産に協力する可能性があります。 東芝はまた、GEと一緒に部品の標準化を推進し、クリーンエネルギーとして拡大し、競争力を高めることを希望します。 しかし、会社は計画に対して内気ます。 東芝は、日経アジア “現時点で具体的な決定がない」と述べた。

世界の風力エネルギー委員会(GWEC)のグローバル洋上風力タスクフォース議長Alastair Duttonによると、現地サプライチェーンの開発は時間の問題です。 彼は「大きな目標と良質の規制を通じて市場が来る」と述べた。

国内調達が多くの企業が日本の入札過程で有利であるのだが、台湾とは異なり、厳格な現地のコンテンツの要件はありません。 台湾のモデルは、「効率的ではないでしょう。…私たちは、日本が行っている方法が好きです」とDuttonは言いました。

企業は、日本固有の地理に適した技術を開発するために努力しています。 日本のエンジニアリング会社であるHitachi Zosenは洋上風車のベース構造を開発しています。 前船舶建造業者であるHitzが開発した技術は、日本のロックが多く、海底に適し風力タービン用「吸引バケット」ベースが含まれます。

Hitzの風力事業部ジェネラル・マネージャであるTakashi Fujitaは、同社が建設会社やその他の風力発電団地の開発者に潜在的な顧客にアプローチしていると言いました。 また、サービスのテスト、ペテロ青森で独自のプロジェクトを進めています。

Hitzはまた、日本の深海の問題を解決することができる浮遊式洋上風力発電団地で働く会社の一つです。 Fujitaは、日本が2030年洋上風力発電の目標を達成するために浮遊式タービンが必要と考えています。 浮遊式風力発電団地はまだ珍しく技術とコストの問題があります。 しかし、Fujitaは、既存の瓶詰め関税を考えるとHitzの比較的安定した半ジャムスヒョンベースが2023年までに商業的に実行できる場合があると考えている。 藤田によると、タービンを含むエンジニアリング、調達、建設費用はKW当たり約60万円となり、これは今日の海底に設置された海洋農場のおおよその費用です。

貿易会社MarubeniとHitachi Zosenは、日本南部の北九州でフローティング風力タービンを開発しています。 (新エネルギー・産業技術開発機構提供)

丸紅はまた、フローティング風力発電団地を注視しており、ひつと一緒に日本南部北九州でテストプロジェクトを進めています。 2030年以来、稼働する予定スコットランドプロジェクトの入札に参加している。

「未来は必ずフローティング風になるだろう」とManabeは言った。 世界初の商業受賞プロジェクトのいずれかに参加すること “我々は受注を受けて経験を積んで、これを日本に拡大して [rest of] アジアは、私たちが床に装着された洋上風力にしたかのように」と言いました。

これはより広い意味を示す。 日本は洋上風力の分野で先取り優位を占めていないが、日本に投資する企業は、まだ状況を有利にすることができる。

「日本は [offshore wind] 多くの問題が解決された時期にGWECのDuttonは今これを日本の業務方式に適用します。 「誰もが最初にそこに行って投資をする地域にサービスを提供することです。日本で解決された問題は、他の国にも役立つでしょう。似たような条件を持つ全世界に」

READ  日本の工場の生産は、ウイルス対策、経済ニュース、主要ニュースの中に加速

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close