技術

緑水素コストを3分の2に減らす日本の技術

TOKYO-日本のエネルギー会社であるEneosとプラントエンジニアChiyodaは、現在のコストの3分の1に二酸化炭素排出せずに水素を製造する施設を建設する予定であり、これは脱炭消化に向けた米国の画期的な製品です。

この発電所は、水素の価格をキログラム当たり330円(約$ 3)に下げることを目指し、必要な投資を大幅に下げるために排他的な電気分解技術を使用します。 EneosとChiyodaは2030年に工場を建設する候補として、オーストラリア、その他の地域を考慮しています。

二酸化炭素を発生させず、自動車や発電所に動力を供給することができる水素は脱炭消化努力に不可欠なものと見えますが、生産コストは依然として高い。 水素は、日本市場でのキログラム当たり約1,100円であり、政府は2030年までに330円で、最終的には220円に下げしようとします。

EneosとChiyodaが開発した方法は、別の工程を経ずに、水とトルエンを同時に電気分解してメチルシクロヘキサンまたはMCHを生成します。 このプロセスの簡素化は、施設投資を半分に削減します。

液体MCHは、エネルギーの使用のために水素を抽出する発電所と他の施設に周囲温度での発送になります。 これは、水素を輸送するよりもはるかに費用対効果です。 水素を特殊輸送船から零下253°Cに維持する必要があります。

パートナーは、すでに制限された量のMCHを生成することができる技術を保有しており、現在、2025年度まで500kw装置を開発するために、より大きな電極を使用して容量を増やす操作を実行することです。

電気分解に必要な電力は、再生可能エネルギー源から供給されます。 オーストラリアは、これらのエネルギーを低コストで提供します。 電気分解装置と貯蔵タンクを設置するには、約1平方キロの土地が必要なため、総投資額は約4000億円に達します。 太陽エネルギーファームを横に建設する64平方キロの敷地が必要です。

Bloomberg NEFによると、緑の水素生産コストは、ドイツのキログラム当たり約$ 3〜$ 6です。

日本政府は、2030年までに最大300万トンの水素をエネルギー源として使用するという目標を立てました。このうち、緑水素は42万トンを占めると予想されます。 EneosとChiyodaの工場は年間30万トンの生産能力を持っていると予想されて、これ原子炉の生産量とほぼ同じです。

READ  電子ペーパーは、最終的カラーに! PocketBook Colorレビュー| ギズモ・ジャパン

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close