エンターテインメント

緩んストップ! 日本の国会議員の間で流行し、国会の問題行動

東京 – 毎日新聞の調査によると、コロナ19対策と審議に関連しない資料の確認などその他の問題に対する国会の議論で、7月から日本の議員たちの問題行動が明らかになった。



2021年9月16日に本自民党の参院である島村ダイ(島村大)議員が参議院厚生労働委員会で取得したオフセット星マニフェスト。 しまむらが次の名前を指すものと思われるの隣に座った園田フィッシュと激しく会話を交わし武打破の上院議員。 (毎日/オーバー博之)

自民党(自民党)議員5人の反対である立憲民主党(CDP)議員3人の問題行動が確認された。 毎日議員は昨年、国会で芸能小説を読むと、スマートフォンいたずらが蔓延したと報じたが議員の不適切な行動は変わらない。

6月の定期国会が終わった後、7月から9月まで内閣位、衆議院、衆議院保健福祉委員会が14回行われた。 会議が開かれたのは、国会閉会期間にコロナ19対策と東京オリンピックの議論が必要であったためであると思われる。



自民党の重モットー守議員が2021年8月4日衆議院厚生労働委員会で衆議院選挙に備えてノートパソコンにMicrosoft PowerPointのファイルを見ている姿が見える。 (毎日)/オーバー博之)

去る9月16日の参議院厚生労働委員会で、自宅で療養中のコロナ19の患者のうち死亡者が増加するなどの問題が議論された。 自民党の島村ダイワ自民党の園田フィッシュ参院は派閥別に分類された党員名簿を見ながら会話を交わしていた。 自民党の大統領選挙に出馬したダッカ市早苗の名前の横には、候補の名前が書かれており、二人が選挙結果を予測していたとみられる。

また、島村は、スマートフォンを繰り返し取り出し無料メッセージアプリLINEで当時の首相である菅義偉と近い参院で構成されチャットルームと他の議員の過去の記録を確認した。

これは、すべて野党が臨時国会を召集して、自民党が当会を避けて権力闘争に邁進することが適切な時期であるかについての質問を投げたときとった措置であった。



日本の立憲民主党の吉田初音彦根議員が2021年7月14日お中元内閣委員会の会議で、スマートフォンを使用してあれば、食品のウェブサイトをナビゲートする様子が見えます。 断続的に90分以上のスマートフォンを弄っています。 (毎日/オーバー博之)

7月28日衆議院内閣位会議で自民党の吉川ダケル議員は、頻繁に、スマートフォンを取り出してスニーカーなどのウェブサイトを検索した。 彼は8月18日衆議院内閣委員会の会議に持ってきたタブレットでも通信販売サイトを確認していた。 当時吉川は内閣府次官で法案と政策を総括する位置にあった。

吉川は2020年5月、衆議院内閣経済産業委員会懇談会でも、スマートフォンで自転車ショッピングサイトを見回して、落語のストーリーテラー産油テイ円楽Vの「最高の序曲」を読んでいた。 当時吉川は毎日に「私がやった真剣に反省している」と述べた。

7月7日の衆院厚生労働委員会で、自民党の山田ミッキー議員が床のでノートパソコンを使用して、20分以上中原選挙のための方策として見えることを作業した。 彼女は、マイクロソフトのワードファイルに「キャンペーン本部設立に向けて」、「キャンペーンオフィスの確保」、「駐車場の費用」、「安価なチラシ印刷」などのフレーズを入力した。



この変更された画像は、2021年7月7日お中元厚生労働委員会でノートパソコンを使用して、今後の中原選挙のための計画に見える自民党の山田ミッキー議員が作業していることを示しています。 彼女は20分以上、この問題についてタイピングして熟考する姿が目撃されました。 (毎日/オーバー博之)

自民党の重モットー守議員も去る8月4日中原厚生労働委員会で選挙準備作業をした。 ノートパソコンにMicrosoft PowerPointのファイルを表示し目標人数などの情報を入念に確認した。 投票、無所属有権者を確保する方法と選挙運動の基本的な戦略。 当時内閣支持率急落で自民党が総選挙で困難を経験すると予想された。

CDP議員の吉田初音ヒコ議員は7月14日衆議院内閣委員会の会議で、スマートフォンにバッグのオンラインショッピングサイト、ラーメン食品サイトなどのウェブサイトを閲覧した。 彼は午前10時25分ごろから審議が終わった正午少し過ぎた時間まで断続的にスマートフォンをいじりをたてた。 この日の会議で、野党議員は、コロナ19対策の一環として、金融機関が融資を受ける飲食店に酒を提供しないよう促してほしいという政府の要請に疑問を提起してきた。

7月28日衆議院内閣委員会でCDPの今井正人議員はメジャーリーグ、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平が行った野球の試合のスコアを確認するために、スマートフォンを繰り返しました。 今井首相は内閣委員会で野党委員長に与党との審議過程を調整する役割をしており、閣僚らと向き合う最前列に座っている。



日本の立憲民主党の今井雅人議員が7月衆議院内閣委員会でメジャーリーグ、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平が行った野球の試合のスコアを確認するためにスマートフォンを見ている姿が見える。 2021年2月28日(毎日/オーバー博之)

同じ内閣委員会でCDPの森山博之(Hiroyuki Moriyama)衆議院は約「200年前にSTAR INNOVATIONを読む星」と翻訳される占星術関連の本を読むことに集中しました。 本は時代の先を行くアイデアを紹介し、「上位1%の人は、「次世代の真髄」を広げる!」というフレーズを掲載した。 彼はほぼ20分間の本を続けて読んだ。

規定上の手続とは無関係の書籍やその他のメディアを閲覧する行為を禁止し、上記の行為はすべての違反行為になることがあります。 他の議員も、スマートフォンを見て本を読んでいたが、毎日は、特に、一定時間の間の議論と明らかに関連していない資料を見る行為に集中した。

毎日議員は8人の議員に、潜在的に問題となることができる行動について書かれたと他の方法で話をして意見を求めた。



2021年7月28日、日本立憲民主党の森山博之衆議院議員が衆院内閣委員会で朗読した「スターリーディング200年前STAR INNOVATION」に約翻訳された占星術関連の本が見える。 : “上位1%の人々は、「次世代の本質」を持っている!」 本見えます。 (毎日/オーバー博之)

吉田はCDPメンバーに対して「不注意なスマートフォンの使用について心から反省して、活動を進めながら行動をさらに自制する」と返事を送った。 森山も電子メールを介し、「不適切な本を読む行為について謝罪。今後そのような行動をしないように、自分懲戒する」と答えた。 今井は電話インタビューで、「委員会会議の時、時々インターネットを遅れ法案については、ウェブサイトを見ている。大谷の試合のスコアを見た記憶はありませんが言ったように、おそらくそうだったのだ。それでは。、不適切な行動について謝罪」と「これからこのようなことがないように注意したい」と語った。

一方、自民党議員の中参議院選挙を準備中と思われる山田議員は毎日に書面で返事を送った。 青瓦台によると、「国政に関する議論と対策を地域の有権者に紹介するなど、国会議員の役割が地方有権者に提供されている役割であるため、審議の過程で文字入力が必要だった。 手順に従い規則に違反する行為とみなされることがありません。」



吉川健自民党議員が2021年7月28日衆議院内閣委員会でスニーカー紹介ウェブサイトをスマートフォンに移動する様子が見えます。 (Mainichi / Hiroyuki Oba)

他の4人の自民党議員である吉川、重モト、しまむら、園田は毎日の期限までに応答しなかった。

(東京市ニュース部オバマ博之の日本オリジナル)

READ  今日の歴史| ウォルタプ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close