エンターテインメント

羽生、日本戦勝利でオリンピック出場権確定

発行日: 修正済み:

埼玉(日本)(AFP) – 2回オリンピックフィギュアスケートチャンピオンの羽生ゆずるが日曜日の日本全国選手権大会で圧倒的な勝利を収め、北京ゲームに自分の席を予約しました。

しかし、彼は大会で4人のアクセルを着地する最初の人になるための挑戦に失敗し、伝説的なジャンプで最初の亀裂を少し回転させました。

足首靭帯の怪我で8ヶ月ぶりに姿を現したハーニュは6週間で中国で再挑戦する機会を得る。

彼は日曜日の夕方、平昌オリンピック銀メダリストの宇野正馬、現世界ランキング1位の柳山ユマと共に日本オリンピック代表チームに公式名を挙げた。

今週、北京で出場する意思があることを確認した27歳の羽生は、「正直、これは私が思ったオリンピックではなかった」と話した。

「しかし、ここまで来るまで、私が歩いてきた道と私を支持してくれた人々に対する私の感情が、私が競争を決めるようにしました」。

羽生は「1位を目指している」とし「男フィギュアスケート3連覇に挑戦できる特権を持つ唯一の人」と付け加えた。

羽生は男フィギュアスケートの聖杯と呼ばれるクワッドアクセルを試みるために一週間ずっと準備している。

彼は今週初めに練習でほぼ成功し、日曜日のプレスケーティングルーチンを控えてウォームアップ中に2回の試みに失敗しました。

彼は競争でさえきちんと着地することができず、ジャンプを少し回転させ、2足で着地しました。

彼は「この大会を控えて、私がやっているすべてのことのために精神が出て行くところだった」と話した。

「大会でまだマスターしていないクワッドアクセルをするのがどれほど難しいか改めて気づきました。」

Hanyuは、残りのルーチンの間にマスタークラスを作成し、全体のスコア322.36でフリースケートスコア211.05を得ました。

彼は足首靭帯の怪我のためにグランプリシーズン全体を結腸にする気配を示さなかった。

宇野は総合スコア295.82で茅山(292.41)を抜いて2位に上がった。

Unoはウォームアップで怪我をしましたが、まだクリーンなフリースケートを作成し、今度は2番目のオリンピックで別のポディウムフィニッシュを試してみます。

彼は「オリンピックに出場することができてとても嬉しいが、今日、ゆずるとゆまの演技を見てから、私が足りない部分が浮き彫りになった」と話した。

「できるだけ早く練習に戻りたい」

今シーズン2回目のグランプリを全部占めた18歳のカギヤマは、ハードフリースケートに乗って3位に上がりました。

しかし、彼は金曜日のショートプログラムでジャンプし、リーダーを獲得することができませんでした。

Kakaori Sakamoto, Wakaba Higuchi and Mana Kawabe were chosen for Japan’s women’s team.

平昌五輪で6位を占めた坂本は土曜日に2回目の全国大会優勝を獲得しました。

北京オリンピックが2月4日開幕する。

READ  オールスターホームランダービーでヒットしたShohei Ohtani - NBCロサンゼルス

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close