技術

翻訳技術 MITニュース

ソニーウォークマンとバーチャルリアリティヘッドセットは、個人技術の代表的なケースではありません。 Paul Roquetの手は、日本、アメリカ、グローバルな技術動向、そして私たち自身についてもっと学ぶための手段でもあります。

RoquetはMITの比較メディア研究/ライティングプログラムの副教授であり、彼の利点は、新しい消費者技術が人々が環境とどのように相互作用するかをどのように変えるかを分析することです。 このような努力で、彼の焦点は、個人技術分野の前後傾向を早期に採用した日本でした。

たとえば、Roquetは2016年の著書「Ambient Media:Japanese Atmospheres of Self」(University of Minnesota Press)で、音楽、映画、その他のメディアが日本でどのように配置され、人々に落ち着いて快適な個々の雰囲気を作り出したかを調査します。 これは、人々が消費する製品によって気分が調整されても制御できるという感じを与えます。

Roquetは、2022年の著書「The Immersive Enclosure: Virtual Reality in Japan」(Columbia University Press)でVR技術がユーザーに与える影響を探求し、これらのデバイスを外部世界を遮断し、ネットワーク環境で他人と対話するためのツールと理解しました。 。 Roquetはまた、VRのクロスカルチャー軌道を詳細に説明しました。 VRはアメリカでは軍事および航空アプリケーションで登場しましたが、日本では逃避エンターテイメント形態を中心としました。

Roquetが言ったように、彼の仕事は「メディア技術と環境意識の関係、そしてこの関係がさまざまな文化的文脈でどのように異なる動作をするか」に着実に焦点を当てています。

彼はこう付け加えます。 「世界中の他の地域で同じ質問を考えようとすると、できることが多いのです」。

異なる文化はつながっています。 たとえば、日本では英国のミュージシャンであるBrian Enoが周辺メディアを理解することに大きな影響を与えました。 アメリカから日本へのVR技術の翻訳は、部分的にMITリンクを持つ技術者とイノベーターによって行われました。 一方、日本は独自の音響エンクロージャであるソニーウォークマンを世界に披露しました。

このように、Roquetの仕事は革新的であり、さまざまなメディアを通じて文化的傾向を統合し、技術の歴史、現在、そして未来を通して世界中でこれを追跡します。 ロケットは研究と教育のために今年初めにMITで在職期間を与えられました。

交換プログラムが実を結ぶ

Roquetは、彼が幼い頃に家族がいくつかの村に引っ越したカリフォルニアで育ちました。 デイビスで日本語を学ぶ高校生の時、彼は日本と交換プログラムであるカリフォルニア – 日本奨学生プログラムに登録し、日本を間近で見ることができました。 ロケットは初めてアメリカ以外の地域にいましたが、旅行は継続的な影響を与えました。

ロケトはポモナ大学で学部生のときに日本語と日本の文化を勉強し続けました。 彼は2003年にアジア研究とメディア研究で学士号を取得しました。 Roquetはまた、しばしば実験的な形のアンビエント音楽を特徴とする大学のラジオ番組を主催し、大気メディアにますます魅了されています。 すぐにRoquetは彼のショーが地元の自動車ディーラーで顧客に未知の影響を与え、進行中であることを恥ずかしいことに見つけました。

日本映画は、彼が主流のアメリカ映画と認識した違いのために、ロケの新しい知的関心のもう一つの源でした。

「ストーリーテリングはしばしば非常に異なる動作をします」とRoquetは言います。 「私はプロットではなく、雰囲気と空間に重点を置いた映画に惹かれました。」

大学卒業後、RoquetはThomas J. Watson Fellowshipを受け、すぐに1年を野心的な研究プロジェクトに参加し、マレーシア、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、フィジーなどアジア太平洋地域の住民に地元のサウンドスケープが何を意味するのかを調査しました。 クック諸島 – カナダも同様です。

Roquetは、「これにより、サウンドスケープに対する人々の関係がどのように異なるのか、歴史、政治、文化がどのように感覚環境を形成するのかがわかりました」と語っています。

その後、2007年にバークレー校カリフォルニア大学で修士号を取得し、最終的には2012年にバークレー校で日本の研究と映画研究の指定の強調に重点を置いて博士号を取得しました。 彼の論文は彼の「Ambient Media」の本の基礎となりました。

スタンフォード大学でアンドリューW.メロン人文学博士後研究員として3年、ブラウン大学でグローバルメディア博士後研究員として1年を過ごしたRoquetは2016年MIT教授陣に加わりました。 VRやその他の形態の環境メディアに関する様々なエッセイもあります。

探求する意志

Roquet氏は、技術と文化の関係に対する様々な関心を考慮すると、MITは非常に適していると述べています。

Roquet氏は、「MITについて私の好きなものは、まだ確立された学術的文脈にない場合でも、新しく浮上するアイデアと慣行を探求するという真の意志があるということです」と述べています。 「MITはすべてを一つにまとめる場所があるので、学際的な会話が可能です」

Roquetはまた、メディア研究や日本の文化紹介など、さまざまな学部の授業を教えました。 日本と韓国の映画コース。 日本の文学と映画のもう一つ。 日本と韓国のデジタルメディアコース。 今学期には、没入型メディア研究への批判的アプローチへの新しいコースを教えています。

MITの学部生の中で、Roquetは次のように語った。

好奇心を呼び起こすものは何でも、彼らは常に深く掘り下げる準備ができています。

進行中の研究に関して、Roquetは没入型メディアの使用を増やし、既存の物理的環境と社会の関係を変える方法を探求しています。

「この種の質問はほとんど不十分です」とRoquetは言います。 「仮想空間が消費者に何を提供するかについては多くの強調がありますが、人と周囲の世界の間に新しい仲裁層を挿入することによって生み出される環境と社会的影響は常にあります。 数年以内に頻繁に使用されていないヘッドセットを製造することは言うまでもありません。

彼の仕事が彼をどこに連れて行っても、Roquetはメディアと技術の理解を広げるために国家間の文化的、歴史的な違いを探る生涯プロジェクトに参加し続けます。

「私は日本がアメリカと根本的に違うという主張をしたくない。 [between the countries]「しかし、ロケットは言います。」 」

READ  日本の大学、コロナウイルスの突然変異のためのより迅速な分析を開発 - 科学技術

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close