老齢化したビジネスリーダーたちが日本で承継問題を提起しています。

Estimated read time 1 min read

日本組織のリーダーの平均年齢は60.5歳に達しますが、2023年に転換に成功した割合は3.8%に過ぎず、転換がほとんど行われませんでした。

日本のビジネス部門は老齢化したリーダーシップ危機に直面しています。 帝国データバンク(Teikoku Databank)の最近の研究によると、日本企業のCEO平均年齢が33年連続持続的に高まり、リーダーシップ承継に障害となっていることがわかりました。

調査によると、2023年12月基準組織リーダーの平均年齢は60.5歳で前年比0.1ポイント小幅上昇したことが分かった。 これらの継続的な老化傾向は、平均54歳であった1990年以来、Teikoku Databankによって監視されました。

このような人口高齢化の中で昨年組織のリーダーシップ職位のうち3.8%だけが新しいリーダーに成功的に転換され、14年連続で約3%の安定した割合を維持したことが調査結果に示されています。 一方、新任会長の平均年齢は52.5歳、上場社長の平均年齢は58.6歳だ。

テイコク・データバンク(Teikoku Databank)は声明を通じて「この研究結果は企業首脳部の老齢化リスクに対してさらに警戒する必要があることを示す」と明らかにした。 「老化の問題が続くと、組織は予期しない状況に直面する可能性が高くなります。 ビジネスが円滑に成功するためには、準備と計画が事前によく調整されなければなりません。

研究機関は、継承の困難に関連する破産件数が史上最大値をさらに強調した。 昨年度には586件が報告されており、これは2022年度の487件で増加した数値です。 これらの症例の約40%は、病気や年齢関連の死亡によるものです。 日本人材の約70%を雇用している中小企業が特に脆弱であるため、経済的影響は個々の組織を超えて拡大します。

もっと読む:通信障害のために日本の新入社員教育が妨げられる

政府は、問題の深刻さを解決するための円滑なリーダーシップ移行を促進するための支援措置を強化しました。 イニシアチブには、猶予期間の実施、相続人に対する贈与税および相続税の免除、老齢事業主に指導と支援を提供するための相談センターの設立などが含まれます。 日本タイムズ

READ  伊藤忠、ガーナの「電子製品の墓」で電子廃棄物をリサイクルする努力
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours