経済

育児休暇取得も進行する「男の出産休暇」とアリ?厚生労働省に「交錯」という女性が多い理由(1):J-CAST会社ウォッチ

「男性の育児休暇も満足取る人がいないのに男の出産休暇とアリ?」

厚生労働省が実施を目指す「男性産休」新設や企業に育児休暇取得促進を義務付け制度の動きが加速している。

しかし、女性の間では、

「家でゴロゴロだけ育児休暇もありがた迷惑だ」
「まず、夫の家事育児スキルを磨く研修開始してほしい」

という批判が多い。 一体何が起こっ?

  • 育児休暇中の子供たちとの出会いを楽しむ男性(写真はイメージ)

  • 育児休暇中の子供たちとの出会いを楽しむ男性(写真はイメージ)

「男性産休」は、生後8週間以内に最大4週間

「男性産休」の新設や企業に「男性育児休暇」の取得を義務付け制度の導入は、労働政策審議会で議論を進めてきたが、2020年12月24日厚生労働省が最終案を審議会に示した。

「男性産休」を新設する分割取得も認めざるを得会社は育児休暇対象者に取得を個別に動くことを義務付け大企業には、育児休暇取得率の公表も義務付けている。

厚生労働省は来年の通常国会に育児・介護休業法など関連法案を提出した。 2022年度からの実施を目指す。

男性の育児休暇さえ、現在の検索率が7.48%(2019年度)と非常に低いの、「産休」を新設するのはなぜ – 。 朝日新聞(12月15日)」「男性産休」新設分割もOK育児休暇促進メニュー固め」によると、

「厚生労働省が、今回の「男性産休」などで、男性の育児休暇取得を後押しするには、男性の育児休暇取得率が低迷しているからである。特に子供の出生直後には、母親が不安定まずその時期に限定した形でまた、より取得しやすい構造を作ることにした」

だから同じものである。

出産直後の妻と赤ちゃんに同行して、男性が休みたいと言うのは難しい職場の雰囲気を変える目的がある。 まず「とるのが当たり前」という環境づくりで始めようというものである。

新聞によると、新設される「男性産休」のポイントはこうだ。

(1)子供の出産直後の8週間以内に最大4週間。
(2)2回に分けも可能で、例えば、出産時と退院後に分けて得ることができる。 通常の育児休暇とは別の基準。
(3)原則出産2週間前に申請すればOK。
(4)非正規労働者の育児休暇取得は、雇用期間が1年以上という条件があったが、この要件を削除します。

などである。

この厚生労働省が実施を目指している」男性産休」と「男性育児休暇を義務付け」の動き意外働く女性たちの間では、

「男の出産休暇? 育児休暇? いらないね、ありがた迷惑というのが率直な感想」

との声が多い。

READ  日本の投資スターが東芝取締役会の紛争に巻き込まれた方法By Reuters

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close