能登地震報告書では、災害対応を改善するために高度なドローンを使用する必要があります。

0 min read

日本政府の報告書は、災害対応を改善するためにドローンやその他の高度な技術を使用するよう求めています。

月曜日に発表された政府タスクフォース報告書は、能登半島で発生した強力な旧正月地震に当局がどのように対応したかを分析します。

報告書は、震災の直前に地震が発生したため、被害評価と補給品の輸送が遅れていると述べた。 半島でも道路が切れたそうです。

報告書には、災害対応を改善するための措置が記載されています。 これには、24時間を通して被害地域に関する情報を収集し、物品を運ぶことができる高性能ドローンを含む最先端の技術を使用することが含まれます。 道路修理のための事前手順設定も含まれています。

報告書は、長期水道水不足が緊急避難所の衛生状態に影響を及ぼしたと指摘している。 緊急井戸、トイレ確保計画、トレーラーハウスを迅速に配送できるシステムが必要です。

岸田文夫首相は、月曜日のタスクフォース会議で専門家の意見を聞き、さらなる分析を行うという意向を明らかにしました。 彼は、政府が地震被害地域を再建するために最善を尽くすと同時に、災害対策を強化すると述べた。

北田はまた、地震被害地域を支援するために、政府の予備基金を第五に活用する準備をすることを述べた。

READ  新しいXbox Game Passゲームは2016年の最高のゲームの1つです。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours