世界

脅威?やけぱち? トランプ不満国防権限法案に拒否権を表明再び可決成立すればベッド丸つぶれ:東京新聞TOKYO Web

「国防予算の最大の勝者は中国」と投稿トランプのツイッター

トランプ米大統領は17日、与野党がまとめた2021会計年度(20年10月〜21年9月)の国防予算の大枠を決定国防権限法案に不服して拒否権を発動する考えを示した。 法案は、上下両院で拒否権を覆すために必要な3分の2以上の賛成で、それぞれ可決。 両院が再び通過法を成立させると、それこそ晩節を汚染だろうが…。(ワシントン岩田仲弘)

◆「国防予算の最大の勝者は中国」であるか

国防権限法案は国防予算の大枠と主要国防政策方針を決定法案21年度の総額は約7400億ドル(約76兆2200億ウォン)に達する。

トランプは、法案の内容が①中国を利する②会員制交流サイト(SNS)のプラットフォーム企業(PF)の保護を撤廃する措置が含まれていない③南北戦争(1861〜65年)で、奴隷制を支持した南部同盟の指導者たちに由来基地の名前を廃止する。 ④外国駐留軍の削減に逆行している – に不満を募らせている。

トランプは13日にもTwitterに「国防予算の最大の勝者は中国だ」と記録した。 ただし、具体的に何を意味するのかは不明で、AP通信によると、与党共和党上院トップマコネル院内代表も「法案は、中国の軍事力の抑制のためのさまざまな予算が含まれている」と首をかしげていたという。

米国のインターネット媒体「VOX」は、その一例として、インド太平洋地域の防衛力強化のための「太平洋の抑制の取り組み」と称する22億ドルの基金設立法案に含まれている点を強調した。 VOXは一方で、連邦政府の世界最大の中国のドローン(小型無人航空機)メーカー「DJI “無人航空機の購入を禁止する措置を含むなかったことが影響している可能性を指摘している。

◆ツイッター社から連日警告

トランプ一方、SNSに投稿内容をめぐるFacebookやTwitterなどPFの法的責任を免除した「通信品位法230条「(セクション230)の撤廃が含まれていない点を明確に問題視いる。

トランプは連日ツイッター社から自分の投稿の警告を受けている。 17も「ネバダ(大統領選挙で)多くの非米国市民が投票した “という文が警告を受けた。

トランプはツイッター社などが「セクション230」を盾に法的責任を免れるながら、自分に不利な「検閲」を自由に行っていると批判した。 あなただけのオリジナル国防予算とは全く関係のない内容であるため、必要があり支持が広がっ気配はない。

◆レガシーはどうかして

一方、南部由来の基地名を残すことができると駐留米軍の削減は、自分の政治的遺産(Legacy)に関係するだけより我慢できないようだ。

トランプは6月に「ブラックライブーズ・物質(BLM)」を掲げる人種差別抗議デモが増えつつ、基地名前見直しの機運が高まって時 “偉大な国の歴史を変調するおよびする。 私たちの軍隊に敬意を! 」と主張した。基地の名前が歴史の「負の遺産」との見通しダンすらしなかった。

7月には、「ドイツは、北大西洋条約機構(NATO)の(国防費支出の)義務を果たしていない」と、ドイツ駐留米軍を約1万2000人減少し、約2万4000人に縮小すると発表。11月の大統領選挙で敗北した直後には、アフガニスタン駐留米軍を4500人から2500人に削減するとした。

議会は同盟関係と現地治安の悪化をもたらすことができるなど、懸念。 国防長官が議会に事前に削減効果を報告するよう義務付けるなど性急な縮小を制限する規定を盛り込んだ。

◆トランプ拒否しても転倒する可能性が大きい

ロイター通信によると、大統領の側近は、法案に拒否権を発動しても、最終的には、転倒成立する可能性が大きいため、トランプの断念するように進言しているという。

米メディアによると、国防権限法案は、今までの59年の間に、両党の賛成で可決、成立した。 拒否権行使期限は今月23日。 今会期中に行われなければ、11月の選挙で当選した議員で構成されている、来年1月から新しい会期で再度議論しなければならない。


READ  Land Rover Defender Prince Philipが自分の葬儀デザインを助けた。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close