腰の怪我でカイソトがNBAサマーリーグの最後の試合に出場できない

Estimated read time 1 min read

ジャージーシティ、ニュージャージー – Kai SottoのFIBAワールドカップ出場の可能性は、土曜日(日曜日のマニラ時間)オーランドマジックの94-77敗北の間に腰の負傷でNBAサマーリーグの試合が終わった後、不確実な状況に置かれました。

ソトのエージェントであるトニー・ロンゾンは、試合後、フィルスター・ドットコムに「背中が良かったらいい」と話した。

怪我のため、Sottoは前半の8分間無得点に制限されました。 彼は2クォーター5分35秒を残して退場して戻ってこなかった。

ソトは3回の試み(アークを越えて2回)をすべて逃し、ベンチの外で8分間2つのリバウンド、1つのアシスト、1つのブロックを記録しました。 彼はコートで働いている間にマイナス11点を記録しました。

2日前、ポートランド・トレイル・ブレイザーズとの試合で13分間、6得点4リバウンド3ブロック1アシストを記録し、しっかりしたサマーリーグデビュー戦を行ったのとは遠い。

Sottoは、2試合で10.5分の試合時間で平均3得点、3リバウンド、1.5ブロック、1アシストを記録し、最初のNBAサマーリーグ出場を終えました。

広告する

続行するにはスクロールしてください。

Ronzoneによると、Sottoの次のステップはまだ決まっていません。 しかし彼はソトが火曜日(水曜日マニラ)にマニラに戻ると付け加えた。

Sottoの限られたプレイ時間は、Gリーグであろうと双方向契約であろうと、NBAの提案を得る可能性を損なった。 NBAのオファーを受けられないと、日本Bリーグの広島ドラゴンプライズでプレイするようだ。

一方、ユタ・ジャズガード・ジョーダン・クラクソンのギラスビルドアップ参加は依然として交渉中だと状況をよく知っている消息筋が語った。 Philstar.com 匿名を条件に。

交渉が最後になったかという質問に消息筋は「そうしたい」という絵文字で答えた。

Gilasは8月25日に終わるFIBAワールドカップのためのビルドアップの一環として、ミニポケットトーナメントをするために8月の最初の週に中国に飛ぶ予定です。 Gilasは中国でアジアの強国であるイラン、レバノン、2021アフロバスケット銅メダリストセネガル。

Alder Almoは元シニアスポーツジャーナリストです。 Philstar.com とNBA.comフィリピン。 彼は現在、ニュージャージー州ジャージーシティに住んでおり、ニューヨークに拠点を置くウェブサイトHeavy.comに貢献しています。

READ  プレミア日付、キャスト、トレーラーや知っておくべきすべてのこと
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours