理科

腰痛で病院に治療せずに、なぜ「姿をみましょう」?|健康UP | NIKKEI STYLE

体の悩み、ありません? 体調が思ったより良くない運動で病気を予防したいスポーツの性能を上げたい…そんな悩みをフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんが解決します! 今回は腰が痛むことを治療ウォン整形外科に行った」姿を見よ」と言って湿布を渡された方の悩みです。

今月の悩み
腰が痛くて病院にきたが、治療はしていないのですか?

40代の会社員。 腰痛所有の男性です。

腰に痛みを感じるようになったのは、30代からでしょうか? 時には強い痛みを発症するので、湿布を貼ったり、マッサージに行ったりしていました。

この春に昇進し部取りまとめるポジションに到着したが、コロナ災害の影響を受け、仕事がより忙しくなる連日残業続きです。

付近で事務職されたため、ほぼ一日中座ってしまった仕事をしています。 そのせいか、腰に強い痛みを感じるようになりました。

最初はだるい、重い感であったが、そのうちのギシギシときしむような感じです」このまま腰をすることになるだろう」と戦々恐々していました。

非常事態宣言が解除されるのを待って病院の整形外科に行ってみたところ、MRI(磁気共鳴画像)の写真を見ながら、医師に「ヘルニアがあります」としました。

そうか、ヘルニアが原因だったのか、と思ったが、医師は「一応状況を見て、痛みがひどくなるようでしたら、また治療方法を考えましょう」と湿布を出してくれただけで終わりました。

率直に言って、Macになってしまいました。 これでいいのでしょうか?

また、腰痛所有の同僚に聞いてみたところ、病院に行っても「様子をみましょう」と湿布を渡されるだけのことが多いです。

ただしMRIでヘルニアが発見したので、ヘルニアの治療はしなくてもいいし、ヒューに落ちません。 他の病院で、他の意見を受けたことがいいのでしょう?

一度湿布を貼って、インターネットで調べて発見 “腰痛体操」を独自にしています。

腰痛で病院に飛び込んでも、特別な治療はせずに、「様子をみましょう」と言うのが本当に多いですよね。 どのような治療を期待していた湿布を提供するだけで拍子抜けした感じている人は多いです。

相談者の方は、「ヘルニアがあります。」とMRIの結果を見て言ったのだから、なぜ治療していないのか疑問に思ったかもしれませんが、医師がそのように診断さ限りしっかりとした理由があるでしょう。

椎間板ヘルニアは、脊椎骨(脊椎)と骨の間でクッションの役割をする軟骨(ディスク)が変性組織の一部が飛び出すことを言います。 このとき、突出ディスクの一部が近くにある神経を圧迫すると、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状が起こることがあります。

事実椎間板ヘルニアの90%は自然治癒と言われています。 突出ディスクが白血球の一種であるマクロファージに食べたり、時間が経過すると消えてしまうからです。 湿布を貼って様子を見ている間に痛みが消えることも実際にあります。

「姿をみましょう」と言うのはそのためだと思います。 椎間板ヘルニアが原因で麻痺やしびれ、排尿障害などがある場合は、手術が必要になることもあるとします。

READ  シベリアまた神秘のクレーターが出現過去最大級| ナショナルジオ| NIKKEI STYLE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close