自動車「強制」輸出:日本、WTO提訴の脅威

Estimated read time 1 min read

イスラマバード: 驚くべきことに、日本政府は、自動車組立会社3社が、自社の変形製品を世界貿易機関(WTO)に輸出するよう強要した事件を引き受けるようパキスタンを脅かしました。 東京によると、これはWTOの規則に明確に違反することだ。 消息筋は言った ビジネスレコーダー

日本の3大自動車会社であるホンダ、トヨタ、スズキは、パキスタンでIndus Motor Company(トヨタ)とホンダアトラスカーズPVTという名称で事業を運営しています。 株式会社とパク鈴木モーターズリミテッドがあります。 パキスタンの自動車市場で日本3社のシェアは約75~80%です。

自動車産業開発および輸出政策(AIDEP)2021-26によると、ほとんどの地元の自動車メーカーと主要企業の契約契約はパキスタン市場にのみ適用されることが観察されており、これは輸出制限の理由の1つです。

パキスタン自動車産業、2013年度輸出目標達成失敗後「緩和」を追求

パキスタンが調和のとれた車両規制を確実にするUNECE(国連欧州経済委員会)WP-29に加わると、現地の自動車部門は輸入市場の規制を遵守することで輸出を向上させる機会を得ました。

さらに、パキスタンから他の国への輸出を禁止または制限するすべてのOEM契約は、対象国への輸出を許可し、パキスタンを自動車部品と車両の両方の輸出拠点にするために再交渉/修正する必要があります。 メーカーの部品/車両輸出義務がAIDEPに導入されます。 OEMは輸出を促進するためにそれを遵守するように求められています。 しかし、スケジュールよりも早い目標達成にはインセンティブが与えられる。

この政策は、OEMが総輸入比率で2022~23年に自動車の2%を輸出することを義務付け、2023~24年には4%、2024~25年には7%、2025~26年には10%を輸出するしました。

昨年10月、特別投資促進協議会(SIFC)は日本企業の自動車輸出ゼロを深刻に認識し、産業生産部に日本自動車組立業者3カ所の輸入クォーターを再検証するよう指示した。 その後、輸入クォータは数日間中断されました。

消息筋によると、日本の自動車組立業者は輸出計画を政府に提出するよう要請された。 自動車会社の計画はSIFCレベルで議論され、修正を求められた。

修正された輸出計画に対する自動車組立会社とMoI&Pとの交渉が進行中でしたが、その間日本政府は日本駐在パキスタン大使館、WTO駐在パキスタン代表部、商務部、産業生産部に公式書簡を送ったと消息筋は付け加えました。 。

「日本は4つの場所でパキスタンに特定の貿易懸念(STC)を提起しました。 つまり、WTOと東京のパキスタン代表部、商務部、産業部は、パキスタンが日本の自動車会社に自身の変形モデルを輸出するよう強要しており、これはWTO協定に違反すると述べた」と上級公式の知らせが確認した。

しかし、パキスタンの視点は、これに関連して政府がとった措置が何であれ、WTOを遵守することであると消息筋は付け加えた。

「両側ともそれなりに正当性があります。 まず、この問題は日本政府とパキスタン政府が両者間で議論する予定であり、両者間の合意がなされない場合、WTOレベルの委員会に想定されるだろう」と消息筋は伝えた。

WTOの手続きによると、この問題は市場アクセス委員会と貿易関連投資措置委員会(TRIM)で提起される予定だ。 TRIM協定、WTO加盟国は、貿易を制限または歪める商品貿易に関連する特定の投資措置には適用されないことに同意した。

「この問題が適切なWTOフォーラムで提起されたら、パキスタンは日本の懸念に対する答えを提出するように求められます。 パキスタンは次の委員会会議で回答を提出する予定だ。 日本がパキスタン政府の対応に2、3回満足せず、パキスタンと反対の意思を表明すれば、この問題はWTO紛争解決機構に回付されるだろう」と消息筋は付け加えた。

このようなことが発生した場合、紛争解決機構に直接提訴を提起できないため、WTO紛争解決フォーラムで手続きを開始するのに1年かかると消息筋は伝えた。

OEMは、自動車部品がFTAの一部ではないため、自由貿易協定(FTA)が存在しないため、パキスタン酸部品、CBU、中古車への追加関税による輸出に競争力がないと主張しています。

OEMメーカーによると、2番目の理由は国内原材料不足で輸出競争力が低下するためであり、3番目の理由は右利きの運転方式が制限されて自動車の輸出が不可能だからだ。

ASEAN、GCC、アフリカの自動車部品に必要なパキスタン原産地の輸出競争力を、他国のゼロ等級FTA(現地ベンダー産業保護のためのCBU+ローカライズ部品を除く)と比較して競争力を持たせるため。 FTAを締結すると、すべての国産化部品とベンダーとOEMの投資が安全に保護されます。

自動車部門のその他の提出事項は次のとおりです。 (i)ローカライズされた部品の競争力を高めるために、SRO 655および656に従って作業するOEMのTier-1およびTier-IIサプライヤーに「ゼログレード」輸出を拡大する。 (ii)鉄鋼、銅、アルミニウム(鉱石からFGまで)などの基本原材料の地域金属産業を確立します。 (iii)PP、PE、PUなどの樹脂/ゴム原料の現地加工産業を確立します。

現在地方裁判所に係留中の自動車分野事件は25件のうち新規参入者関連事件が23件、既存組立業者が提起した事件が2件だ。

消息筋によると、パキスタン駐在の日本大使は、ジャム・カーマル商務部長官、ラナ・タンビエール・フセイン国防部長官と会談を行い、クォーター問題と強制輸出マントラ問題を提起したという。

著作権ビジネスレコーダー、2024

READ  「バングラデシュの自動車産業、日本の新興投資先」
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours