技術

自動車の衝突は、自動車メーカーによって変化に拍車をかける| 事業

人口のほぼ30%が65歳以上の日本の自動車メーカーは、自動車の改造に力を入れており、全国の高齢者ドライバー軍団がステアリングホイールで、より自信を持ってより安全することができます。

高齢者に関連する事故によって規制機関での高度な機能を標準化するように圧力が高まりました。 たとえば、今年から国内で販売されているすべての新車には、自動ブレーキが必要であり、トヨタ(株)から日産(Nissan)に至る企業はスマート技術を導入して、高齢者にもユーザーフレンドリーな車を作っている。

また、農村地域の公共鉄道が消え、コロナウイルス感染症が原因で、より深刻な孤立の危機が悪化により優先順位が高くなっています。 移動手段がない日本の高齢者はますます家に閉じ込められて、交通手段が消えて人生減っています。

最近の有名な致命的な事故がこの問題を浮き彫りにしました。 昨年2月には、日本の検察は、東京池袋の地域での事故で死亡と負傷を負わせた過失の疑いで89歳の飯塚盛り上がりを起訴しました。 前高官は、2019年4月、妻と一緒にフランスのレストランに行く途中にトヨタのプリウスが横断を突き抜け子供の母親を殺し、他の人を負傷しました。

この事故は、特にIizukaの高位政府地位のために見出しを飾りました。 10月に無罪を主張した後、今週法廷に復帰した飯塚(Iizuka)の世論が急速に転じた。 この事件は、日本の道路で、高齢者ドライバーの急増の全国的な議論を呼びました。 行事が終わった後、車輪を駐車することを選択老人の数が急増しました。 警察庁によると、2019年に75歳以上の35万428人の運転免許証を返納し、史上最高値を記録した。

「若者たちは、私たちに運転免許証を返納するように、彼らは周りにいません。「事故当時、妻が自分の免許証を返納した90歳の福島秀明は言う。 夫婦の子供は車で2時間の距離にある名古屋に住んでいます。 彼らが住んで隆盛、日本の中部山岳地帯の小さな村では、中部鉄道株式会社が運営する列車が1時間に1回だけ運行されます。 福島は「茶なしで行うことができることがありません。

昨年ToyotaはSafety Sense製品をアップグレードしました。 この技術は、正面衝突を防止または軽減し、運転を車線内に維持するように設計されました。 フロントガラスとバンパーに装着されたレーダーに高解像度カメラを使用して、今後の自動車や歩行者、さらには昼間に自転車まで検出し、聴覚と視覚警報を提供することができます。 運転者が応答しない場合、自動ブレーキが配置されることがあります。 新しいソフトウェアは、車両が停止した位置から回転する場合、今後の障害物を検出するために役立つ交差点機能もあります。

他のToyota Safety Sense機能は意図していない車線逸脱修正、周辺の交通状況に応じて、夜間に高いビームと低ビーム間の自動切り替え、高速道路で低速で動く車両の検出と事前設定された距離の自動メンテナンスが含まれます。 道路標識のサポート技術は、渡されたときの停止および速度標識を検出し、運転者が自ら逃した場合、ダッシュボードの警告を表示します。

「高齢者が安全に運転することができる社会は積極的な社会参加と健康で豊かな生活のために非常に重要です。 「当然私達の究極の目標は、交通事故による死傷者をゼロにすることです。」

Subaru Corp.の抱負は似ています。 2030年までにすべての致命的な事故をなくしたいと思います。 他の自動車メーカーと同様に、それぞれ別のイメージセンサーが2つ以上のレンズがあるステレオカメラを使用して3次元画像をキャプチャすることができる機能を提供します。 EyeSightと呼ばれるこの技術は、先を見据えて、ドライバーに危険を警告します。 SubaruはEyesightが装着された車両が61%より少ない思考と85%より少ない後方衝突に関与すると言います。 歩行者関連の負傷は、35%減少します。

EyeSight開発を統括するSubaruのEiji Shibataは「人工知能を活用せずに、すべての致命的な事故を根絶することはできません。 野心的な目標を達成するために、Subaruは、ステレオカメラをAIと結合して、各物体に意味を付与して、リスクを正確に推測する予定です。

Shibataによると、それは挑戦がないのがありません。 「技術的に難しい領域です。」と彼は言う。 ステレオカメラは、他のセンサよりも多くの情報を伝達して、より複雑なバックエンドのサポートを必要とするため、大量生産された車にインストールすることは難しくなります。 「人々は一般的に使用される自動車に技術を搭載することは膨大な作業です。」

自律技術を使用してアップグレードされたEyeSight Xは8月Subaru Levorgの第2世代でデビューしました。 11月に日本で販売されたこのモデルは、360度の検出機能があり、トヨタのアップグレードされた技術と同様に差し迫った衝突から車を自律的に制御することができる交差点サポート機能があります。 EyeSight Xを使用すると、車両が自ら車線を変更して、料金所での速度を遅くすることができます。

Nissanは2023年末までに全世界の20の市場で少なくとも20個のモデルにProPilotという同様の製品を提供することが期待します。

2019年の事故で妻と子供を失った拓哉松永は良い出発と言うディーラーは車を販売するとき、これらの技術は、安全装置がないことを強調しなければならない付け加えています。 「誰も事故を引き起こす可能性があります。」と彼は言う。

松永は、交通事故遺族支援団の子供ノカイの一員になりました。 Aino Kaiはまた、政府の管理者に地域センターの公共交通機関のネットワークを拡張するように促すロビー役割をします。

Matsunagaは「若者と高齢者がお互いに憎み分裂を見たくありません。 「私たちは、苦しんでいる人、田舎に住んでいる高齢者について考える必要があります。 “

日本の – 衝突

アマゾンアソシエイトとして、私は適格な購入を通じて収益を取得します。

READ  Group14 Technologies、日本と韓国の新しい支社を設立し、国際バッテリー市場での拡大加速

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close