スポーツ

自動車生産の減少による日本の工場生産量の打撃、ウクライナ危機がリスクに追加

ダニエル・ルシンク

TOKYO(Reuters) – 日本の1月の工場生産量が自動車部門がファンデミックによる生産中断と相乗りしながら2か月目減少した。

ウクライナの危機が発生する前でも、世界3位の経済大国の工場は、グローバル部品供給の支障と自宅でオミクロンの変種コロナウイルス感染で苦しんでいました。

ノリンチュキン研究所の南武志首席エコノミストは、「チップ不足と供給ボトルネックが深化し、自動車生産量が大幅に減少した」と述べた。

「それは鉄鋼のような他の産業に流れ込んだ。また落ちた」。

月曜日の公式データによると、1月の工場生産量は、自動車生産量の減少と鉄、鉄鋼、非鉄金属の減少により、前月より1.3%減少しました。

これは、生産量が12月に1.0%下落してから2ヶ月目まで下落を延長したことを意味し、ロイターがエコノミストを対象に行ったアンケート調査で予測した0.7%の損失よりも低くなりました。

トヨタ自動車と鈴木自動車を含む日本の自動車メーカーは、サプライチェーンの支障に打撃を受け、国内で記録的なCOVID-19感染が急増して圧力を受けた後、生産量の減少に直面しました。

月曜日のデータによると、自動車およびその他の自動車の1月の生産量は前月より17.2%減少し、4ヶ月ぶりに初めて下落し、見出し生産量をほぼ2.7%ポイント下落させました。

欠点リスク

南は、ウクライナの危機による合併症が日本の生産量とより広い経済に深刻な下方リスクをもたらしたと付け加えた。

彼は「ウクライナとロシアの戦争が長期化するほど制裁はさらに強化されるだろう」と話した。 「仕事がどれくらい行くかによって決まります。」

経済産業省(METI)が調査したメーカーは、2月の生産量が5.7%、3月に0.1%増加すると予想した。 政府管理は、このような予測が2月10日基準で取られたものであり、ロシアのウクライナ侵攻を反映していないと述べた。

別のデータによると、小売販売は昨年1月より4ヶ月連続で増加し、一部は昨年の低水準と比較して1.6%増加しました。 これは市場予想の1.4%増加と比較されます。

しかし、小売販売は、コロナウイルス感染の急増が勢いに悪影響を及ぼしているというシグナルで、前月比の季節調整の1.9%減少しました。

キャピタルエコノミックス(Capital Economics)の日本経済学者トム・リアムス(Tom Learmouth)は、「1月の小売販売と産業生産の下落は、オミクロンの急増が回復傾向を遅らせたことを確認させてくれる」と述べた。

「消費者支出が今四半期に減少すると考えていますが、第2四半期には急激に反発します。」

(Daniel Leussinkの報告、Yoshifumi Takemotoの追加報告、Shri Navaratnamの編集)

READ  ヤンキースランド投手Corey Kluber

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close