スポーツ

自宅から数千マイル離れた日本では、三木ゆきとゆさこアンドアンドは20分間隔でホッケーをしています。

MiuraはIowa Heartlandersの1年目のプロ選手、AndoはCedar Rapids RoughRidersのジュニアプレーヤーです。

Cedar Rapids RoughRidersの安藤有祥

CEDAR RAPIDS – お互いに20マイルしか離れていませんが、自宅からそれぞれ約6,000マイル離れています。 ゲームをする国はよく知られていません。

三浦由紀 両者の年齢が多い。 25歳の彼は最初の数試合で即座に影響を与えています。 アイオワハートランダース

有区安藤 7歳の若い。 彼は3番目のシーズンに USHL、彼の最初 Cedar Rapids RoughRiders

二人は日本で、ミウラは東京で、アンドはトマコマイで実際に夏の間、国家代表チームキャンプで一緒にプレーしています。 今、彼らはまた一緒に集まり、それぞれのホッケーのキャリアを発展させようとしています。

三浦は「(夏)実際に彼に会って初めて(安藤)と話を交わした」と話した。 「彼はまだ若いですが、非常にスキルがあり、プレイすることができます。 …彼はずっと一生懸命働いて、より高いレベル、より高いレベルでアメリカで遊ぶ方法を学ぶことを願っています。 私は彼が良いキャリアを持つと確信しています。」

安藤は同胞に伝えるメッセージがあるかという質問に「彼に幸運を祈ります」と話した。 「私は彼と話し、私たちは前後に文字を送ります。 いつか彼が来て私の試合を見たり、私も降りて彼の試合を見ることもできる」と話した。

安藤は三浦をメンターで見る。 ミウラはアメリカのホッケーリーグ、特にウォータールーブラックホークスに向かう前に日本を去り、チェコ共和国に向かった。

アイオとハートランダースの三浦由紀。

そこで一シーズンを過ごし、ミシガン州のレイクスーペリア州で大学ホッケーをすることにしました。 そこで4年を過ごし、運動学の学位を取得したミウラは、ハートランダーズプレシーズンキャンプに招待され、そこで深い印象を受けました。

彼は米国就業ビザを受けるためにしばらく日本に帰らなければならなかったし、ついにビザを受けて先週末ハートランダースに合流した。 金曜日の夜、Wheelingとのホームマッチで、プレイメイキングセンターは4試合で3ゴール3を記録しました。

「私は25歳で、ついにプロホッケーに進出しました。 「私の目標は、NHLに進むことです。 コースを経なければなりません。 しかし、これはとても面白いです。 友達も素晴らしく、施設も素晴らしく、新しいチームの一つであるチームに参加することができてとても嬉しいです。 私たちが今構築している文化、これらのことがこの仕事の一部になったことを誇りに思います。

アンドーはこれまでミウリのホッケールートに沿ってTに到達した。 彼はUSHLの機会を得る前にカナダで2年を走りました。

彼はYoungstown Phantomsで2シーズンを過ごし、取引でRoughRidersによって買収されました。 土曜日の夜、ImOn IceでWaterlooを主催するCedar Rapidsとの11試合で、フォワードはゴールと3つのアシストを記録しました。

Andoはミネソタ州立大学で大学ホッケーをすることを約束しました。

「私たちは私が出会った最も難しいコーチを持っています。 しかし、私は練習で毎日良いです。 それは良いことです。」 Andoは、RidersのヘッドコーチMark Carlsonに言及しています。 「私は最大の人(5フィート8、145ポンド)ではなく、チームで最も小さい人です。 私はファイターでもなく、ビッグヒータータイプの人でもない。 私はまず守備をしようとしています。 監督は常に守備を始め、次に得点するように言います。」

アンドとミウリはどちらも、チームメンバーとコーチを通じて英語に没頭するだけで、英語で話す方法を学んだと語った。 Andoは北米に初めて来たときにケベックでプレーしたので、ほとんどのチームメイトやコーチとフランス語でコミュニケーションをとろうとしました。

安藤は今シーズンUSHLで日本選手3人のうちの1人で、リンカーンスターズの佐藤優、ヤングスタウンのイソガイケンタと共に選手です。 彼は兄が遊ぶのを見て恋に落ちた後、ホッケーを始めました。

Andoは「大きくはありませんが、日本でホッケーをする人が多く、面白いです」と話しました。 「私はそれがますます大きくなっていると思います。 私と同じ経路でアメリカに来た男性が多い」と話した。

三浦は「彼がゴールを決めるか、得点するたびに、私はいつも彼に手紙を送ってうまくいった」と言った。

Miuriは、Andoが尊敬する誰かがとても幸せだと言った。

「私は日本のホッケーの新しい道を模索する人です」と彼は言いました。 「若い世代のための新しい選択肢を作ることが私の責任だと思います。 だからずっと頑張って、ずっと上がるのが新しい世代に役立つと思います。 日本ホッケーを育てます。 そんな人になりたいです。」

コメント:(319)-398-8258、[email protected]

READ  RavenaはPBAが日本を支援することを希望します。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close