技術

自宅でのテレワーク空間をアレンジするのに便利なアイテム

お家での作業時間が長くなった今だからこそ揃えたい家具や便利アイテムとは?

 

最近は自宅での勤務をしているサラリーマン、OLさんも多くなりました。それもそのはず。昨年から、コロナウイルスの影響で、多くの企業が在宅ワークに切り替えての新しい勤務形態を取り始めているからです。現在も状況は変わらず、曜日ごとの出社や、完全リモートワークなど企業によっては継続してコロナ対策の措置を講じています。2021年1月後半の東京都を例に挙げると、従業員数30人以上の企業のテレワーク導入率は63.5%と非常に高い割合を示しています。

 

リモートワーク(在宅勤務)が捗らない理由とは?

 

しかし、実際に在宅勤務をしてみると環境が整っておらず仕事が捗らないことがあります。その原因は、大きく分けて2つ。1つ目は、作業環境が整っていないこと。そして2つ目は、生活リズムの乱れが挙げられます。

  1. 作業環境に関しては、自宅ですので当然ながら日常という名の誘惑が至る所に存在します。それは、机の上に無造作に置かれた本だったり、テレビだったり、とにかく集中を削ぐようなアイテムたち。これらを整理して、仕事に集中できる環境にするこそことが、テレワーク集中への近道です。
  2. そして、生活リズムの乱れに関しては、自宅で仕事ができるようになった反面、不規則な食生活になってしまったり、正しい睡眠が取れなかったり。先ずは、朝食をないがしろにせずしっかり食べることをお勧めします。農林水産省の「朝食を食べないと」という記事の中では、”朝ごはんを抜くと、脳のエネルギーが不足して集中力や記憶力の低下などに繋がる。”とされています。

また睡眠に関しては、十分な睡眠が取れないと、集中力・注意力の低下だけでなく、癌の発生・進展のリスク及び認知症、肥満・糖尿病のリスクが挙げられています。これに関しては、”すぎもと医院の院長が睡眠負債についてのコラムで記載されているものです。”

こうした負の生活をプラスに改善するよう心がけると、今後の在宅ワークにも良い影響が出てきますよ。

 

リモートワーク(在宅勤務)がサクサク捗る最新アイテム

 

テレワークを阻む障害を解説したあとは、集中してテレワークに取り組めるよう、快適な作業環境づくりを目指せるアイテムをニトリの最新チラシからチェックします。また、無印良品やWISE・WISE、D&DEPARTMENTなども家具や収納グッズに力を入れているお店のキャンペーンもチェックしてみると良いでしょう。

快適なテレワークに必要なものとして必ず必要なアイテム、それはデスクです。すでにご自宅にある方が大半ですが、無ければまずはデスクを新調しましょう。ニトリではワークチェアとデスクのセットで2万円代の商品も取り揃えています。また、ここで併せてお伝えしたいのは、デスクの配置場所です。”人は圧迫感があると、どうしても集中力が欠けてしまいます。これを防ぐには、デスク周りに空間をつくることです。また、背後にドアがあるというレイアウトも、ドアが開くたびに後ろが気になって集中できません。可能であれば背後が壁になるようデスクを設置するのがおすすめです。”とファニチャーカンパニーのPLUSさんは紹介しています。 そして次に、デスクまわりの収納です。デスクがあっても物が乱雑に置かれていては集中なんて出来ません。1コインで揃えられるファイルスタンドや、ボックスタイプの引き出しを活用し、整理整頓を心がけましょう。デスク周りだけでなく、前述した睡眠に関してのアイテムもあります。例えば、枕カバーや掛け布団カバー。これらを自分の好みの物に揃えるだけでもウキウキしますね。お家時間が長くなった分、作業環境を整えるタイミングで、お部屋の模様替えをしてみるのも良い気分転換になるでしょう。

READ  「Windows 10」をアップグレードするときに、システムのユーザーの証明書が失われる問題 - 窓の杜

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close