トップニュース

自殺する青少年を助けるためにトイレットペーパーを叩く日本地域

東京:中央中央部の当局は、日本の長年の自殺問題を解決するためにトイレットペーパーにサポートメッセージを印刷するための異例の新しいアプローチを試みています。

「親愛なるあなた、すべてを終えたいと思うあなた」。 この国の自殺する若者に手を差し伸べるための異例の新しいイニシアチブに使われるトイレットペーパーを読みます。

自殺は日本で長年の問題であり、多くの場合と同様に、日本でも大流行期間中に自殺による死亡者が急増した。

保健部によると、2020年初・中・高校生の自殺死亡者が499人で史上最高値を記録した。

山梨の管理者は、トイレットペーパーに安心メッセージと自殺予防ホットライン番号を印刷することが苦しんでいる若者を助けるための効果的で慎重な方法になると考えました。

山梨の関係者である宮沢健一(Kenichi Miyazawa)は、AFPに「あなたはトイレに一人でいます。私たちはあなたが苦悩の考えにもっと脆弱な瞬間がまさにこの瞬間だと感じました」とAFPに語りました。

このキャンペーンには、先月の12の大学に配布されたメッセージと、電話番号が印刷された6,000のロールが含まれます。

丸まっている猫と傘を持った女性が空を見上げるイラストの間で孤独を癒すための精神健康専門家のメッセージが散在している。

「愛する君、他人にまともなふりをして苦しい日々を過ごしています」という白い紙に青い文字で書かれたメッセージ一つを読む。

「全部言う必要はないけど…少しでも言ってくれたらどう?」

READ  日本、ロシアへの低温冷蔵庫の輸出禁止

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close