自民党・公明党指導者共同選挙キャンペーン

Estimated read time 1 min read
読売新聞資料写真
上:新宿区にあるコメイト本社。 下:東京千代田区の自民党本部。

高知/徳島、10月14日(支持通信) – 日本執権自民党指導者と連携パートナー共鳴党が土曜日参議院補欠選挙のための共同キャンペーンのために西日本高知県と徳島市を訪問した。 10月22日に開催されます。

自民党代表の岸田文夫日本首相と共鳴党代表の山口夏夫が並んで、両都市で選挙演説をしながら物価上昇に対処するための連立政府の努力を強調しました。

今回の訪問は、高知県と徳島県西部地域を代表する参議院の補欠選挙のための首相の最初の選挙運動で、自民党が支持する西内元と無所属の広田ハジメ候補が対抗する。 頭。 広田は過去第1野党である立憲民主党の衆議院議員を務めた。

岸田首相は演説で「物価上昇で困難を経験している皆さんをしっかり支えなければならない」と話した。 今月中に果敢な経済対策を出す」と話した。 また「成長の成果を所得に返す」と話した。

山口小明人会長は「恩恵だけでなく納税者が受け入れられる措置も検討する」と話し、政府に所得税の減税を要請する意思を示した。

一方、岡田勝也 CDP事務総長は徳島県勝浦町でキャンペーン演説をした。

岡田首相は、物価上昇対策のための資金支援が含まれると予想される2023年会計年度の追悼予算草案を今後の臨時国会に提出することが11月中旬以降に延期される可能性があると述べた。

「もっと早くしてはいけませんか?」 岡田が言った。 「(政府が)本当に国民の苦しみを理解すれば(추경 준비가) 그렇게 느리지 않을 것입니다」

また、10月22日には日本南西部に位置する衆議院長崎4番選挙区でもう一度の補欠選挙が実施され、自民党候補とCDP支持候補が対抗する。

READ  ゴジラは日本のモンスターの注目を集めている - Harvard Gazette
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours