理科

自民党決議案、政府に外国人留学生入国許可を促す

日本与党の自民党が外国人留学生誘致のための決議案草案を設けた。

日本政府は去る11月、コロナウイルスのオミクロン変種が世界的に拡散し始め、非居住外国人の入国を全面禁止した。

自民党教育科学パネル会議の出席者は月曜日決議案草案を作成した。

政府に外国人留学生を一日入国人員に含めることなく優先的に入国するように促します。

政府から奨学金を受け取っても、登録金を支払っているかにかかわらず、これらの学生を許可するよう政府に依頼します。

自民党委員長の山本浩弘は、外国人学生が他の場所に留学を選び始め、日本が国際価値を失っていると指摘した。

山本はまた、海外の一部の大学が日本から来た交換留学生を拒否しており、こうした傾向が国益を毀損していると述べた。

このドラフトはまた、政府が指定された宿泊施設に滞在するために入国する外国人学生に必要な日数を決定する際に科学的証拠を考慮する必要があります。

また、政府はオミクロン変種に関連する科学に対する理解度を高めるために禁止令を緩和する方案を議論している。

READ  社説:大学の革新的な研究に不可欠な職業安定性

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close