World

自民党総裁選を韓国はどのように見ているか | 崔碩栄(チェ西経)| コラム

韓国メディアは、安倍首相の辞任発表前から石橋氏の肯定的な報道が続いていた…… Yoshikazu Tsuno / REUTERS

<한국 언론에 의해 보도 흥미로운 점은 칸씨에 대한 긍정적 인 이야기를 전하는 보도가 거의 없다는 것이다. 그 이유는 ...>

なぜ難しい菅氏の評価

安倍首相の辞任発表直後から韓国の最大の関心事は、ポスト安倍内容だ。 しかし、自民党内の主要な派閥間さんだなる事実が知らされ、かなり異変も起きない限り、次期首相が菅氏確定と見られるようになったら、ポスト安倍の関心が急に消えてしまった。

その後も菅氏がどのような人物についての情報が報道されてはいたが、それほど大きな関心事にならず、私たち国民の関心を引くこともなくなった。 菅氏が徐々にアベノミクス継承方針を明らかにするなど、主要政策で安倍首相の政策と同じ考えだと評価したからである。 対南政策にも以前より強硬姿勢であるか、あるいはより乳化ことという場合、我々国民の関心を買ったかもしれないが、同じポリシーを踏襲することが新鮮さと刺激が足りない。

韓国メディアによって報道興味深い点は、菅氏の肯定的な話を伝える報道がほとんどないということだ。 実際には、菅氏のキャリア、すなわち集団就職を経てアルバイトしながら大学に通い政界に入門、無名生活を経て、苦労した人が、最終的には、一国の指導者である首相の席に上がる。….これはまさに韓国人が好むストーリーだ。 民主化以後、歴代韓国大統領のキャリアを見てもそうだ。 韓国人たちは名家に生まれ、名門学校を経て、高い地位に到着した、いわゆるエリートより貧しい家に生まれ、苦労の末に成功した人物やドラマチックな人生を歩んできた人物を大統領に選んできた。

金泳三冶金金大中は、軍事政権時代の野党議員を務め自宅軟禁政治活動制限などの弾圧を複数回受けてきた。 盧武鉉は高校卒業後、独学司法試験に合格したという努力の人である。 朴槿恵は、若い年齢で親を暗殺によって失った悲劇のヒロイン。 文章大統領は、学生運動に参加したと警察に拘束されて留置場で司法試験合格のニュースを聞いたすべて波乱万丈のストーリーを持った人物である。

一方、競争相手に目を向けてみると、検査の息子で名門を経て、大法官(日本で言う最高裁判事)を務めていた李会昌(大統領選挙で金大中、盧武鉉敗退)現代財閥の息子FIFA副会長も務めたチョン・モンジュン(ノ・ムヒョン単一候補を決定するための予備選挙で脱落)などを挙げることができる。 二人とも派手な経歴と実績を兼ね備えた人物であるにもかかわらず、僅差で脱落した。 結局韓国人の心に強く訴えることドラマチックな人生の物語の所有者であるということである。

この韓国人の “味”を考えると、自民党総裁候補の中で最も注目される人物は、菅氏相違ない。 しかし、韓国メディアは菅氏の「苦労」を導入することよりも、「第2の安倍」という点のみに焦点を合わせて報道している。 もちろん、それは菅氏が安倍首相の政策を継承しするとしたからである。 もし菅氏が安倍政権の主要政策を検討して、柔軟なの対北政策を目指して、も表明したなら、おそらく韓国メディアが現在それに対してプレスする際に掲載している険しい表情だけの写真は、より笑顔で穏やかなイメージの写真に変わっていただろう。

次のページ韓国が石橋さんに期待する理由

READ  香港でコロナの大規模な検査、渦当局への不信感写真6枚国際ニュース:AFPBB News

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close