スポーツ

芥川賞作家を求めた筒香嘉智のホームラン横浜とベイスターズと日本プロ野球の「神話」 – プロ野球 – Number Web

第163回芥川賞を「修理の言葉」(新潮社)で受賞した高山羽根子さんは大きな野球好きが知られている。 沖縄を舞台にした受賞もファンであるベイスターズの沖縄キャンプを見学に行ったときにインスピレーションを得た告げる。 そんな高山さんに野球に関連するエッセイを特別寄稿していただいた。

前世紀末の話から始まる。

その頃私はすでに一度大人がいて、でもまだ誰もいなかった(今も誰なのかは曖昧ですが)。 小説どころか日記さえ使わない頃。

あちこちが今よりも工事中だった横浜駅から悪臭騒動が起こった。 それは少し前に起こった都内の地下鉄大事件を連想させるものだった。 その日の午後私から東海道線の下り列車に乗って家に帰る途中で列車遅延によって、その騒ぎを知った。 多くの子供たちがなぜかかすかに「ノストラダムス」を信じて世紀末から自分自身のロスジェネは世代だったので、そのようなことさえも言わないこと状況だった。


当時、私は野球にあまり関心がなかった。 社会全体がそうだったかというと、実際には、おそらく今よりどの程度社会が野球と近かった。 子供の頃TV番組は夕方から、長い間、野球中継が占領して、父に連れられて水路ドームで日本ハムの試合を見せてくれた記憶がある。 さらに、神奈川県というのは高校野球が好きな人がたくさん場所だった。 某の息子がそこリトルシニアで4回と、ここでの高校野球部でレギュラーであると言う話は時折耳に入ってきていた。 だからもしかしたら、自分の側面が社会で遠かっただけかもしれない。

その年の横浜は野球の熱狂に包まれていた

横浜駅の地下に張りぼて神社が過ぎたにもそこに祀られている大魔神としていた選手が抑制または近くとかいう基準の投手ということにもピンとこなかった。 しかし、その年に横浜野球と騒ぎだったことを覚えている(ただし、今年は同時にFIFAワールドカップフランスで開かれたており、日本はワールドカップ進出に成功したため、全国的にはサッカーより雰囲気があったのかもしれませんが)。

Koji Asakura

横浜高校がPLと17回の死闘と6次第にを覆す格闘を経て、日本になった。 坊主頭で、決してハンサムは言い難いエースは人気で八景島基準を通過シーサイドラインの各駅には、彼を見たいと女子高生が待っていたほどだった。 彼は新聞やニュースで「モンスター」とした。 横浜のプロ野球チームであるベイスターズはペノントゥグァ日本シリーズで優勝し、日本になった。 その瞬間の映像を見ると、今の人々は明らかに何か暴動考えたにちがいない。 興奮した男の雄たけびと女性の悲鳴が響き渡った。 おそらく今まで球団が日本になったとしてもあんな風にはならないんじゃないだろうか。

Hideki Sugiyama

[다음 페이지]新世紀横浜名物白い老人の映画を見た

READ  人権団体長、スポーツ選手が北京オリンピックの真の懸念を持っていると

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close