理科

花王チリ・花粉などの粒子汚れの付着を防ぐ「ビオレさらさらUVバリアやミネラルジェントルミルク」と、肌を滑らかに輝く「ビオレさらさらUVアクアリッチライトアップエッセンス」を発売|美容・化粧品

ガオは来年2月6日に紫外線を防ぐだけでなく、チリ・ホコリPM2.5花粉などの粒子汚れの付着を防止(チリ・ホコリPM2.5花粉などすべての微粒子汚染の付着を防止わけではない)」ビオレさらさらUVバリアやミネラルジェントルミルク」と強い紫外線をカットしながら可視光を操縦して、顔・首・手の皮膚までスムーズに輝く(メイクアップ効果)肌に仕上げ “ビオレさらさらUVアクアリッチライトアップエッセンス」を発売する。12月15日オンラインで行われた新製品発表会でほこり・花粉などの粒子の皮膚に付着を抑制する技術について詳細に説明しており、新製品の特徴と「ビオレさらさらUV」ブランドが目指すミッションなどについて紹介した。

「私たちは、太陽光だけでなく、いくつかの外部刺激から無防備肌を保護するために素肌に一枚の人工の機能膜を形成させることを徹底的に追求して研究している。そして、山カット領域を超えた、新しい障壁技術」微粒子付着抑制」を発見した」と花王スキンケア研究所の福井隆主任研究員が日やけ防止に関する研究思想を紹介。 「2〜6月には、各地で花粉が大量に飛散する。また、アジアの国でPM2.5濃度が高く、社会問題化している。このような環境微粒子が肌に付着して、紫外線に対応することで、肌の老化の原因につながることが知られている」と花粉とPM2.5などの環境微粒子が紫外線によってシミやくすみなどの肌の老化を促進し、ニキビができやすい肌の状態になって、肌のバリア機能も低下していると指摘する。 「今年は、新型コロナウイルス感染の流行日焼け止めに要求する機能がUV防御効果だけでなく、外部環境からの防御効果を求める声が世界的に高まっている」と公衆の目に見えない、外部環境からの防御がますますより重要になっていると説明する。

「私たちの研究によると、顔や腕などの露出部分には、環境微粒子が付着していることが分かる」と5時間外出後の顔と腕の汚れ付着実験で明らかになったならない。 「この結果から、皮膚の損傷の原因となる環境微粒子自体が付着しにくくなる本質的なアプローチが必要だと考えた」と紫外線だけでなく、環境中の微粒子の付着も防止新しいバリア技術の研究を始めたのだと言う。 “研究で自然界の表面微細凹凸に注目した」とし、蓮の葉やサメ肌、蝶の羽、ヤモリの手で表面微細形状によって特異的な機能を発現した訴える。 「これを実装するために、粉末加工時の目詰まりなどの食品業界などの課題を表面に微細凹凸加工に解決した」と業種の微細凹凸加工を日やけ止め付抑制技術に応用したものと説く。 「日やけ止め塗膜の表面にキメよりも小さい微細凹凸構造を作る。すると凹凸コントロール塗膜は、粒子が皮膚に付着しにくいことが分かった」と微粒子と塗膜が点で接触して付着力が弱まることが分かったとする。

「しかし、日やけ防止に配合する油剤に微細凹凸構造が隠れてしまうという問題があった。そこで、ナノサイズの紫外線散乱剤のキメより微細な凹凸構造で、皮膚の表面を整える独自の高画質パウダー塗膜技術を実現した」とPM2 5と花粉に相当する粒子の付着を防止することができる。 「太陽光だけではなく、いくつかの外部刺激から無防備肌を保護するために山カット領域を超えた新たなバリア技術微粒子付着抑制技術を開発した。これは、凹凸の微細塗膜抑制し、紫外線だけでなく、環境微粒子まで防いでくれる」と環境ストレスに露出無防備肌を保護し、今後の地球と健康に生きていくために素肌の上に着る他の皮膚は、アウタースキン発想障壁技術であると言っていた。

次に、「ビオレさらさらUV」シリーズの新製品について花王ビオレ部門の畠山了樹ブランドマーケティング業者が紹介した。「私たちが展開する「ビオレさらさらUV」シリーズは、世界中の人々の肌の美しさと健康的な生活の実現に貢献できるように、さまざまな製品をラインアップ。 太陽と一緒に笑顔で送信社会の回復を目指している」と「ビオレさらさらUV」が掲げたビジョンについて紹介します。 「山の保護の2019年の世界市場は1兆419億円だったが、今年は新型コロナウイルス感染の流行市場は減少すると予想される」と、世界的に家の時間が増えたことで、山の保護の需要は減少傾向にあるものと指摘する。 “一方、国内では生活者に寄り添った提案で、将来の生活の中で新しいUV値を作成することをミッションに掲げた「ビオレさらさらUV」はシェアを獲得することができた」と、消費者のニーズにマッチした製品を発売したのが功を奏したと訴えする。

「新型コロナウイルス感染拡大に消費者の意識と行動は大きく変化している。特に、皮膚を保護ニーズが高まっており、花粉やチリ・ホコリの粒子の付着を防止しようとする人々が増えている」と、普段の管理を変えずに、皮膚悪いことから保護しようとする意識が顕在化したものと分析する。 「このような声にお応えするために、チリ・ホコリPM2.5花粉などの粒子汚れの付着までカットするUV」ビオレさらさらUVバリアやミネラルジェントルミルク」を市場に投入する」と環境の変化に揺れる不安定な肌にのための新しい障壁UVを提供すると説明する。 「薄くて均一なUVカット膜強力な紫外線を防ぎ微粒子汚れの付着まで遮断する。無添加(アルコールフリー・パラベンフリー・無着色)、保湿成分配合、紫外線吸収剤ゼロ処方で明るく仕上げミルクタイプの日やけ止めされている」との障壁機能とソフト感が特徴的な製品であると教えてくれた。 「ネーミングは、皮膚だけでなく、気持ちまで、365日守り、自分らしいライフスタイルの探求を応援したいという気持ちで、「バリアや」と命名した」とのこと。「勇気は意志の障壁効果で清く軽快な雰囲気に導くメタリックシルバー&ライトブルーを採用した」と製品の機能を想起させるデザインしたものと言っていた。

「また、強力な紫外線をカットしながら可視光を操縦して、顔・首・手の皮膚までスムーズに輝く肌に仕上げ「ビオレさらさらUVアクアリッチライトアップエッセンス」も発売する」とUVカット透明感アップ光拡散UV製品も展開するという。 「色補正作りこむ透明感ではなく、可視光線制御技術で優しく光る自然な透明感を生み出す製品となっている」と、新鮮軽い感じに可視光制御技術を搭載した製品があるとアピールした。

[소매가격설정없음
[발매일]2021年2月6日(土)

ガオ=https://www.kao.com/jp/

READ  綿菓子製造機でN95マスクレベルのフィルタを作成する方法を物理学考案 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close