スポーツ

花田秀虎が36年ぶり二回目!大学1年に多分横綱 – 相撲:日刊スポーツ

第69回全日本相撲選手権を制覇大学1年生のアマチュア横綱に上がった一つだ秀虎(撮影・佐藤礼征)

<스모 : 전일본 스모 선수권 대회> ◇6日◇東京・両国国技館

第69回全日本相撲選手権大会が6日、東京両国国技館で行われた一つだ秀虎(日本体育大学1年)が36年ぶり史上2番目に大学1年で、おそらく横綱となった。

準決勝では、大学の先輩の松原(日本体育大学4年)を破って決勝では、山口(近大4年)敗北させた。立ち合いて、すぐにもろ差しが一気に攻撃して土俵際にスワイプ。 勝負が一度表情を崩さずに、勝利のポーズも控えた。 「興奮しかし、どのように減らすか相撲は国旗に礼儀を尊重する。横綱、大関も勝利のポーズをしていないので。」 歓喜の瞬間は、あえて感情を防いだ。

和歌山商と2年生の時、世界ジュニア個人無差別級で優勝した実績を持つ。 四つのも取ることができますが、大学入学後は、この相撲部斉藤一夫監督の指導方針に押し拭きいるという。 「石を見つけるの動きが多かったが取り口が変わった。全日本でも押しが光った」と反応する。 斎藤監督は「非常に誠実で勝つこと貪欲。まだまだ進化途中」と大きな期待をかける。

コロナ流行に4月入学直後部活動は中断され、故郷和歌山に帰ってきたが、鍛えは怠っていなかった。 帰省中、家の近くの高校レスリング部と陸上部の練習に参加。 瞬発力を養う教育などを実施し、「それがすべて接続されているのだろうかと思う」と、他のゲームの動きを導入した。

36年前の84年に大学1年におそらく横綱になった久嶋慶太さんと同じ和歌山県出身で、実際に指導を受けたことも縁がある。 相撲は久島海(前前頭葉)のしこ名で活躍した久嶋氏は現役引退後田子ノウラ部屋を創設。 当時田子ノ浦部屋は春場所で宿泊施設を和歌山県に構えており、焼畑も相撲を始めた小学校2年生の時の練習に参加したことがあった。 「当時は小さかったので知りませんでしたが、のちのちすごい人だとわかった。(久嶋さんが優勝した)全日本動画も見ることができる。目標としていた。「久嶋氏は、12年に46歳で死去したが、意味を引継ぎ快挙を達成した。

大学卒業後、プロ入りを志望している。 東京は、第58代横綱千代フジ。 「自分の長所はスピード。もはや舞台でより上を目指したい」と意欲を見せた。

READ  日本の戦いの記録波動村で最初のウイルス事例報告 - スポーツニュース、ファーストポスト

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close