理科

芸術と科学の融合。浮遊する球体のインテリア “Buda Ball(ブッダボール)」 – Engadget日本版

GREEN FUNDING、このプロジェクトを支援する

空中に浮かんでいるの電球で一躍話題となった、スウェーデンに本社を置くFLYTE社新BudaBall(ブッダボール)が日本に上陸します。 騒音現代社会を駆け抜けるリーダーシップを発揮するすべての人々が実践するマインドフルネスとその重要性が注目されています。 科学×芸術×インテリアの新しい提案として、この宙に浮いてクロムボールは、新しい生活シーンの一部となります。 水平だけでなく、垂直方向にも設置可能。 インテリアだけでなく、オフィス、ヨガスタジオなど様々なシーンを彩るニューアイテムです。

様々な日常シーンを飾るニューアイテム「Buda Ball(ブッダボール)

ワークスタイルが多様で時間の使い方もすべて、さまざまな現代効率的に仕事をするために集中力を高めたり、適切な更新を実行する方法が非常に重要ですよね。 GoogleとAppleなどの企業が導入して、注目を集めている「マインドフルネス」というメソッドがあります。これは、 “今この瞬間に集中する」楽研ぎ澄まされた状態を作成する方法です。 目の前の仕事をこなすことに終了すると、PCの画面から離れずに、キーボードの手を止めることができない,,,家に帰ってもやめPCを開いてしまう,,そんなこと中毒状況が十分でありしまうとね。 1日のどこかで、デジタルツールから抜け出し振っ浮遊する球体を眺めながら、「今この瞬間」を感じ、自分の心の内側と向き合う時間を作ってみてください。もしかしたら、今までにないアイデアが浮かぶかもしれない,,そんなきっかけを作る一役買ってくれるアイテムが「Buda Ball(ブッダボール)」です。

ポイント1:芸術と科学が融合した製品

ポイント2:インテリアキネティックオブジェ

ポイント3:「今この瞬間」を体験することができるアイテム

ポイント1:芸術と科学が融合した製品

空中で旋回しながらゆっくりと回転するBuda Ball(ブッダボール)は、まるで無重力のように浮かんでいます。 重力に反対磁場を介して空気中に自由に浮いているかのようにね。 Buda Ball(ブッダボール)は、公衆を浮遊する磁気浮上ボールです。

平衡状態でバランスを維持するように設計されたBuda Ball(ブッダボール)は、その中心が、重力に抵抗することを発見しました。 両手で15 cm(6インチ)の距離を置いて、ゆっくりとボールを下げます。 ベースの正確な中心点を目標にします。 ボールが上昇したことを感じれば、軽くておけば豊富ながら、ゆっくりと回転します。

科学を利用して作られた磁気浮上技術でBuda Ball(ブッダボール)は、垂直方向だけでなく、水平方向の両方に登場するんですよ。

科学者ニコラ・テスラが発明した技術

エジソン社に入社交流電気方式を開発、蛍光灯などを発明したニコラ・テスルラウル知っているか科学技術の歴史的な文脈で非常に重要な人物の一人だと、電気自動車「テスラ」は、彼の名前を尊敬しているほど。 そんなニコラテスラが発明した技術を駆使して「Buda Ball」は作られているんです。 まさに科学と芸術が融合した製品とすることができます。

ポイント2:インテリアキネティックオブジェ

浮遊しながら回転するクロムボールは、時間が経過すると瞬間を感じさせるその空間を演出してくれます。 様々なシーンで使用できるインテリアとしてもオススメのアイテムです。

オフィス環境を更新

オフィス環境を整えるという重要。 Buda Ball(ブッダボール)は、デスクにお気軽に置く大きいので、集中的に作業をした後、休憩時間に見て、会議での会話の部分にも一役買ってくれそうです。 リモート会議中に画面に映っていれば、相手がBudaBall(ブッダボール)の存在にきっと驚かれるでしょう!

家の時間に芸術と導入しよう

家の時間をどのように過ごすか? どのように気分転換をすることができますか? 皆さんにおなじみのテーマはないでしょうか? 芸術の力を借りることは意味のある生活を送るための手段の一つとして、私たちは信じている。 リモートワークで家の仕事が転がってきた今こそ、自分らしい生活・自分だけの時間を見つけることができの大切さが求められています。 ホーム運動とティータイムなどの時間をあえて作成したり、好きなインテリアで居心地の良い空間を演出することで、あなたの「家時間」は、一段階アップグレードすることはできません。 このBudaBall(ブッダボール)は、あなたのようなスペース、あなたのような時間を演出するアクセントとして有用であることができる逸品になります。

和モダンな空間にもマッチ

凛とした姿がどこか日本の美意識の一つである寂しい寂びも彷彿とさせます。 和風畳のような空間にもマッチして、日本の現代的な空間演出してくれます。

ポイント3:「今この瞬間」を体験することができるアイテム

忙しく通過日常の中で、少しでも自分と向き合う時間を作成したら、脳の再生と心のデトックスもあるかと思っていますね。

考えを消す朝のルーチンにヨガやランニング、読書を導入する事業も多いんじゃないでしょうか?

そして、現在のビジネスシーンにAppleとGoogleが導入していることで注目されているマインドフルネスは、瞑想の方法があります。 マインドフルネスは、今この瞬間に集中する方法です。 考えを鮮明にして、集中力が高まって、またはストレスを軽減させる効果があるといわれています。

このBuda Ballを眺める時間はそんなマインドフルネスのような「今この瞬間」を体感することができます。 脳のリフレッシュをして考えがクリアされると、今までよりも仕事がスムーズになり、新しいビジネスのアイデアがひらめいたりBuda Ballはそのようなきっかけを作りアイテムに一役買ってくれそうです。

FLYTE会社紹介

FLYTE社北欧スウェーデンのストックホルムを拠点とする企業です。 「照明」と「花粉」とを自力で浮かせるという革新的な製品を発表し、世界的に注目を集めています。

商品内容

READ  謎の解明に一歩...暗黒物質はサイズに関係なく同じ動作をする| Business Insider Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close