トップニュース

芸術は、日本のオリンピック競技場の建設に抗議の形になる

Miwako Sakauchiは自分のスタジオに立って、現代オリンピアードの象徴として指定された5つの色を使用して破れカートンと画用紙に渦を回転します。

「Vortex」というタイトルの彼女の絵は、退去された住民の「怒り、恐怖、矛盾感と国家暴力」を示しており、木が倒れて、巨大なオリンピック競技場が建てられることができるとSakauchiは言った。

このような状況では、「平和の祭典と考えることができない。」 完全に無意味です。 “

日本国民は、大流行が進行される間、来月東京オリンピック開催に反対する傾向があり、デモなどの外部的な反対意見が少ないにもかかわらず、世論調査の結果が出ました。

人々がオリンピックの不満や不安を表現したところの一つは、芸術でした。

Tシャツ、図、およびその他の芸術作品は、医療アドバイスと大衆の反対に反対するオリンピック開催決定に対する抗議の形になりました。 関係者たちは時折風刺的な芸術作品や商品を削除することを要求する場合には対応しており、芸術家たちは、彼らの自由が縮小されていると言います。

社カウチは「デモをしていないことができるのは、芸術のための私の専門知識を活用すること」と述べた。 彼女は過去に街頭デモに参加していないか、政治的な問題を抽象絵画に統合したことありませんが、東京オリンピックは転換点でした。

ウイルス感染の危険性は懐疑者が不満を表現するために街に出ることを妨げた可能性があります。 2016年に数千人が、過去の夏季オリンピックに対抗して、数週間の間に行進していたリオデジャネイロとは異なり、最近日本でのデモはせいぜい数十人をドラッグかけました。

Sakauchiは昨年の夏半オリンピック美術展覧会を組織した芸術家グループと接触して、図を作成しました。 彼女の作品は、2月に別の展覧会に展示されました。

展覧会の主催者であるカイ小山は、多くの日本人が自分の意見を公に示すことを躊躇することを知っているが抗議することが彼の専門の義務と述べた。

「私たちは芸術家です。 私たち自身を表現しなければ存在しないでしょう。」と45歳のKoyamaはAP通信とのインタビューで語った。 20人以上のアーティストがこのプロジェクトのために集まりました。

半オリンピックの展示会に参加した別のアーティストは、オリンピックの野球とソフトボールの試合が行われる横浜スタジアム近くの病院のソーシャルワーカー兼医師である越智社千尋(52)です。 彼は東京と日本の最大の都市である横浜がオリンピックのためにホームレスの政策を強化したと言いました。 かつて開いていた公共の場は今、カラーコーンや障害物で覆われていると彼は言った。

Ochiはマラソンと国立競技場の図で風刺的なモチーフとその変位を説明しようと努力しました。

Ochiは「大流行期間中に雇用と住宅を失った人たちがいます。

半オリンピック芸術の一部メーカーは、彼らの感情がゲームに対する大衆の非承認とかみ合っても表現の自由が狭くなったと言います。

大流行前にデザイナーSusumu Kikutakeは、東京のイベントをめぐる贈収賄と盗作スキャンダルのためにパロディアンチオリンピックTシャツを作りました。 オンラインコメントは厳しく、彼は月に約10個のシャツだけ売却した。

しかし、最近のウイルス急増と大衆の懸念が高まっている中、東京のP&Mシャツ店主は需要が急増したと言いました。 販売量は4月にシャツ100個、5月に250個に達した。

Kikutakeは、今回の急増は、政府が発令した長期的な緊急事態のために大衆の怒りを反映すると述べた。

「子供たちのスポーツイベントや修学旅行がキャンセルされ、我々はそれを我慢しました。しかし、彼らはオリンピックを開催することができると言います。」とKikutakeは言いました。

“(首相)がオリンピック開催理由を説明せずに、彼は続けて、安全・安心すると言い続けることが本当にイライラされます。”

東京ゲーム組織委員会は、Kikutakeが、著作権の問題でTシャツの生産を中断することを要求したと彼は言った。 彼はオリンピックのリングの数を減らし、東京を “Okyo」と誤って表記した新しいデザインに再起動しました。

東京オリンピックを満足させようと似たような試みが著作権侵害を理由に東京2020組織委員会によって抑制された。 組織委員会は、APにゲームシンボルを使用独占権と引き換えに莫大な費用を支払ったオリンピックスポンサーは、知的財産の保護が重要であると述べた。 特定の事例については言及していない。

日本の外信記者会は、組織委員会の脱退要求を受け入れ、Webサイトからのコロナウイルスの特徴と結合された東京オリンピックのロゴを使用したパロディ映像を削除した。

アート展示主催者である小山は、オリンピックの開会式が始まる来月末三半オリンピックアートイベントを計画している。

しかし、ギャラリーは、彼のような破壊的な展覧会を警戒していると作家は言った。 極右活動家が拡声器トラックで空間を狙った後、展示を主催することに同意したのは、彼らが主張した、別の展示の取り消しを要求することは、悲哀国籍だと主張しました。

「発言の自由は東京オリンピックのために消滅するでしょう。」とKoyamaは言いました。

「私たちは窒息しています。 ”

より多くの物語に沿って フェイスブック ツイッター

この話は、テキストを変更せずに有線代理店フィードで公開された。 ヘッドラインのみが変更されました。

READ  【速報】渋野ひなこバディ発疹で首位に浮上/ US女子OP2日目 - ゴルフダイジェスト・オンライン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close