トップニュース

若い日本の分隊の可能性に「興奮した」ジョセフ

日本の監督であるJamie Josephは、土曜日の2回目のテストで、フランスに20-15で「失望した」敗北にもかかわらず、Brave Blossomsが2023年のラグビーワールドカップで上位国家に挑戦できることを証明したと信じています。

Fabien GalthieのSix Nationsグランドスラムの勝者は、テストシリーズの2-0スイープを完了したが、10分も残っていない状況で15-13にリードした若い日本チームによって東京国立競技場で崖の終わりに押された。

ホストの目立つ選手の中には21歳のフライハーフ・イ・スンシンがいました。

Josephは、「私たちは新しいチームであり、このチームの可能性について非常に興奮しています」と述べました。

2022年7月9日、東京国立競技場で開かれたBrave Blossomsのフランスとの試合で20-15で敗れた後、日本ラグビー代表チームジェイミー・ジョセフ監督(C)がフライハーフ・イ・スンシンと握手している。 (刑務所)

「今のチームとして、私たちにとって最大の学習は、私たちが適切に準備したときに私たちの試合が十分に良いことです」

後半には両チームとも何度も失策を犯したが、71分フランスの試みで日本の守備失策と後にトライラインを越えたミスで3回ワールドカップ準優勝に向けた最初の勝利を阻止した。

「私たちは後半に明らかに多くの間違いを犯しました。しかし、私たちはチームとして私たちがまだ試合で勝つことができる場所にいると感じました。」

「私たちは、その瞬間、その小さな間違い、(ラインアウト)がノックオンを投げるときにゲームを見なければならないと思います。」

日本の山中涼平(前)が2022年7月9日、東京国立競技場で開かれたフランスとのラグビーテスト競技前半戦でトライ得点をしている。 (刑務所)==刑務所

彼の選手たちはゲームで負けることに失望したが、「彼らは勝つ資格があった」とJosephはテストシリーズが貴重なレッスンを提供したと述べた。

「私の考えで、私たちの9番(斎藤)、10番(イ)のような若い友達がそのようなラグビーを経験し、…そんなことが今後私たちをよく保ってくれるでしょう。」 彼は言った。

Brave Blossomsは、11月20日にトゥールーズで開催されるLes Bleusで別の機会を持っています。 フランスで開催されるワールドカップを控えて、彼らの最後のヨーロッパツアーになりそうです。

ジョセフは2023年9月と10月に行われるトーナメントについて「ワールドカップが近づいているが(しかし)まだ時間が多い」と話した。


関連範囲:

ラグビー:フランスは遅い試みで二次試験で日本の歴史的な勝利を拒否します。

ラグビー:日本、フランスに42-23敗北で強盗に追いつかない

ラグビー:フランス選手たちが日本試験を控え、柔道本部を見学


READ  日本、ウクライナ軍に基本補給品を送ること

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close