スポーツ

若い活躍で終盤の流れをつかんヒットセルティックスを下して6年ぶりにNBAファイナル進出 – バスケットカウント| Basket Count

終盤7分間を29-8で圧倒

ヒットの3勝2敗迎えたセルティックスとのイースタンカンファレンス決勝第6戦。 パン・アディーヴァ料など若者が躍動して最後の四半に29-8ランで一気に流れをつかんヒットを125-113で下し、6年ぶりにNBAファイナルに進出した。

開始約04分、お互いのフィールドゴールが1つずつしか決まらない固体上昇したがハンドラのジミー・バトラーパスを分散させながら、自らも中距離シュートを成功に行ったヒットが先行する。 合わせでパン・アディーヴァヨガインサイドで得点を重ねアンドレ・イグダーラが2つの3点シュートを沈めなどベンチメンバーも活躍してバランスのとれた攻撃を見せた。

セルティックスはジェイソン・テイタムに当たりが来ず、最大7点のビハインドゥウル背負っがマーカススマートやジェイレンブラウンの3点シュートで食らいつく。 2クォーター入っテイタムが、この日最初のフィールドゴール成功となる3点シュートを投げる。 シュートタッチを取り戻したテイタムがクォーターだけで12得点をより上半期に8アシストを記録するなど、エースが攻撃の中心を担ったセルティックスが反撃2点差まで迫った。

その後、熱は、地域防御が作動してい草ダラが2つの連続3点シュートを沈めなど8点のリードを奪った。 2桁の点差する機会だったが、セルティックスもケンバ・ウォーカーとジェイレンブラウンが個人の力で打開して流れを完全に転送し、一進一退の攻防が続く。

勝負の第4四半期、忍耐の時間が続いたセルティックスは、まず流れをつかむ。 ボールマンに圧力を強化してブラウンタイラー英雄でスチールなどターンオーバーを速攻で接続したセルティックスが開始3分に10-2で走行日最大の6点のリードを奪った。

しかし、この時期に制限を持ってヒットが怒涛の反撃を見せる。 本来ならば、ゴランドラ旗とバトラーにボールを投入エースの時間だったが、強心臓若いタイラー英雄が違いを生んだ。 自分のターンオーバーで速攻を可能にするなど、相手に付け入る隙を与え英雄だったが、躊躇せずに5連続ゴールを記録し、悪い流れを遮断した。

また、ハンドオフなどで攻撃の起点になっていたああディーヴァ宵自ら歩いて刺激的なダンク3点プレイとなるミドルシュートを成功逆転に成功する。 また、アディーヴァヨウン攻撃リバウンドに関連ダニエルタイでルーズボールファウルを誘発ファウルアウトに追いやる。 ああディーヴァ宵弱化インサイドを狙うもので、外部のマークが甘くダンカンロビンソンが3点シュートを射抜きリードを広げた。

悪い流れを停止し、セルティックスだったがセンターのタイが退場と起点となる選手はありません違和感を作ることができない。 単純なパス交換はリズムが誕生し、外部一辺倒が3点シュートはことごとくリングに演奏された。

ああディーヴァよにマークが集中した瞬間にバトラー合わせるなど空輸がかみ合ってヒットが時間後、約7分間を29-8で圧倒勝利を収めた。

ヒットああディーヴァ宵ゲームハイの32得点14リバウンドインサイドを制圧。 ロビンソンが5つの3点シュートを成功、英雄も19得点を上げるなど若手の活躍がチームを救った。 6年ぶりに東カンファレンス優勝したヒットはナゲッツを4勝1敗で下したレイカーズとファイナルで激突する。

READ  マックスフェルースタトペᆫ問題は、新型フロントウイング原因/レッドブルホンダF1トルコGP[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close