英国、日本国王国賓訪問に惜しみないおもてなし

1 min read

ジェームズ・フィービー(James PHEBY)

ナルヒト日本天皇と政子王妃が3日間の英国国賓訪問を開始するため、火曜日ロンドンでチャールズ3世から名誉近衛隊と王室の歓迎を受けました。

土曜日に到着し、週末に非公式の婚約をした2人は、豪華な夕方の宴会に先立ち、イギリス国王カミラ女王などの公式歓迎を受けました。

日本国家元首が英国を国賓訪問するのは1998年以来初めてであり、異例として総選挙キャンペーン期間中に行われました。

ダウニング・ストリートへの訪問など、いくつかの典型的な政治的要因は中立的な規則に従って廃棄されていましたが、すべての伝統的な華やかさと美人コンテストはそのまま残りました。

ロンドン中心部で開かれた騎馬近衛隊のパレードで、リシ首相首相を含む上級者たちが皇帝と皇后に出会い、総予報が打ち上げられ、両国の国家が演奏された。

ナルヒト(64)とチャールズ(75)が議長隊を査閲した後、王族は昼食のために馬車行列に乗ってバッキンガム宮殿まで短い距離を移動した。

去る2月がん闘病事実が知られて以来、初の国賓訪問である国王は以後日本関連王室所蔵品特別展示会に日王と皇后を連れて参加する予定だ。

彼らはまた、無名勇者の墓にあるウェストミンスター寺院にも花輪を捧げる予定です。

-宴会-

チャールズは火曜日の夜、イギリスの国賓訪問の代表作であるバッキンガム宮殿で国賓晩餐を主催する予定です。

首相と7月4日選挙で勝利すると広く予想される労働党代表キアスターマーが出席しています。

しかし、すべての視線は、自分のがん治療のために12月以降、公式の婚約式に姿を現わせなかった王位継承者ウィリアム王世孫の妻キャサリンの登場の可能性に注目されています。

チャールズは、医師が彼の発展に「非常に促された」と話した後、最近数ヶ月間公職に制限的に戻りました。

王の姉であるアン・プリンセスはもともと出席する予定でしたが、馬に罹って怪我をしたと思われる脳震盪と軽度の怪我で病院から回復中で、今は参加しない予定です。

今回の訪問は昨年インドネシア訪問に続き、2019年菊即位以後2番目の国賓訪問だ。

もともとは2020年に開催される予定で、天皇の最初の海外訪問でしたが、感染症のために延期されました。

チャールズの今回の国賓訪問は、2022年9月、母エリザベス2世女王が死亡した後国王になった後、3回目の国賓訪問になります。

英国王が英国と日本のビジネス関係に貢献した功労で内田誠日産CEOに大英帝国名誉勲章(CBE)名誉司令官職位を授与する栄誉賞を承認したと火曜日発表されました。

– 「楽しい思い出」 –

ナルヒトは水曜日、英国の代表的な生物医学研究センターであるフランシス・クリーク研究所(Francis Crick Institute)を訪問する予定であり、夕方には市場とロンドン市公社が彼のための宴会を主催する予定です。

天皇と皇后はロンドンV&A博物館で開かれる「日本:神話から漫画へ」展に出席する前の木曜日午前、バッキンガム宮殿で正式に国王と王妃にさよならを言う予定です。

皇帝は後に個人的にウィンザー城を訪問し、ほぼ2年前に自分が葬儀に出席した故人となった女王の墓に花輪を捧げる予定だ。

1952年から70年間統治を始めたエリザベス女王は、在任期間中、1971年に広ヒト一王と1998年に彼の長男である秋ヒト一王(ナルヒトの父)の日本国賓訪問を主催した。

ナルヒトは、旅行に先立ち、1980年代にイギリスで勉強している間、イギリスの王室が自分を家族のように扱ったと言いました。

ナルヒトはオックスフォード大学在学2年間、スコットランドのバルモラル城に数日間招待されたと回想した。

彼は珍しい記者会見で「女王が車を運転して私をバーベキューパーティーに招待し、(彼女の夫)フィリップ公が直接馬車を運転して私を案内したことがとても良い思い出だ」と話した。

日本人夫婦は金曜日ロンドン西オックスフォードに向かい、近くで飛行機に乗って家に帰る予定だ。–Agence France-Presse

READ  日本白土月着陸ミッション連絡切手:NPR
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours