世界

英国で計画されている「ヒューマンチャレンジ試験」が抱える倫理的ジレンマ| AnswersNews

ニュース解説

[런던 로이터]ワクチンの開発を推進するために、健康な人を意図的に新型コロナウイルスに感染させる「ヒューマン・チャレンジ試験」その実施を要求する英国の研究者は、まず倫理の専門家を納得させなければならない。

問題は、新型コロナウイルス感染の明確な効果を有する治療法が存在しないのだ。 今では、ヒューマン・チャレンジ試験を計画している研究者が提供することができる最高の治療薬は、ギレアデ・間円シーズの抗ウイルス薬ムデシビルだが、この薬は、WHO(世界保健機関)による大規模な臨床試験では、患者の死亡率に影響を与えないことを発見した。

ヒューマンチャレンジ試験を主導するインペリアル・カレッジ・ロンドンのクリスジウさんによると、新型コロナウイルスに感染した被験者には、クレームデシビルウル投与する計画であり、これは初期に投与すると、効果があるという「強い信念」に基づいていると言う。

英国リーズ大学医学部のスティーブングリフィン教授は「新型コロナウイルスに効果的な構造の治療がまだ存在せず、ヒューマンチャレンジ試験は、深刻な倫理的ジレンマがある」と述べた。 他の専門家は、構造療法の不足研究チームが最小限に抑えることのいくつかのリスクのいずれかに過ぎず、試験が倫理的承認を得るためには、そのような危険を被験者が受け入れる必要があると指摘している。

これらのリスクを減らすために、ヒューマンチャレンジ試験は、健康な若者を対象に、感染させるために使用コロナウイルスも最小にする計画だ。

英国オックスフォード大学のドミニクウィルキンソン教授(医療倫理)科目を意図的に感染させた後、準備が整った状態で、効果的な治療を受けることが望ましいが、「倫理的な側面で不可欠というわけではありません」と指摘した。 「危険がない状況ではあり得ない。必要なのは、リスクを評価し、それを最小化し、適切に伝えること」とロイター通信に語った。

市民の信頼

ヒューマンチャレンジ試験は、新しいものではない。 研究者たちは、マラリア、インフルエンザ、腸チフス、コレラなどの病気を理解して、それに対する治療法やワクチンを開発するために、数十年に渡ってヒューマンチャレンジ試験を利用してきた。

WHOのスポークスマンマーガレット・ハリスは、ヒューマン・チャレンジ試験について問われたとき、「一般的に、過去の試験は、特定の治療剤が存在している状況で行われた」とし「関係者すべてが危険を正確に理解しているか、または通知が厳しいということを確認する必要がある」と述べた。

科学政策の専門家である英国サセックス大学のオーハイもヤクブさんはヒューマンチャレンジ試験について「発症を簡単かつ客観的に検出することができ、従来の効果的な治療法が投与することができる場合に考慮することができる」と述べたWHOのガイドラインをいい、これらの基準が無視されるか軽視されている場合には、科学と医学の国民の信頼を損なう可能性があると指摘した。 「これらの研究の実施には、様々な専門家の議論が必要だ」と述べた。

ヤクブさんはリスクが低い少数の科目を選択することは、「死亡または入院、長期の症状が非常に低いシナリオ」を意味する一方、「この問題に対する市民の参加が制限されているので、そのような少しの機会さえ研究ワクチンに対する信頼を必要以上に脅威だ」と語った。

(Kate Kelland、翻訳:AnswersNews)

READ  トランプ、エスパー国防長官を解任人種差別抗議デモ鎮圧に対立米国大統領選挙:東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close