英国のKeir Starmerが同盟国に国防費増額を促す – POLITICO

1 min read

英国は現在、GDPの約2.3%を国防費に使用しており、李市スナック前首相は今年初め2030年までにこの金額を2.5%に増やすと約束しました。

これは、2024-25年の520億ポンドから10年末まで年間約870億ポンドに増加し、イギリスがドイツと共にヨーロッパ最大の軍事費支出国として残ることを保証します。

NATOの現在の支出目標はGDPの2%です。

水曜日の朝、ワシントンで円卓会議を主催する新しい国防長官ジョン・ヒルリー氏は、レビューで「より速い調達とより良い費用対価値を確保するための国防改革も提示される」と述べた。

大西洋を行き来する議論

NATOのヨーロッパの側面が将来、米国の全面的な支援なしに自分自身を守る準備ができているかどうかについての大西洋間の議論が続いています。 トランプが別の任期に勝ち、最初の任期よりも孤立主義的な外交政策を実行する場合、この議論はより大きくなり緊急になるでしょう。

今年、32カ国のうち23カ国がNATOの要件を満たす記録的な成果を収めました。 | Andrew Harnik/Getty Images

しかし、一部のイギリスの防衛政策の専門家は、誰が大統領になっても、ヨーロッパはより自立しなければならないと言う。 米国は民主党や共和党政府の両方でアジア太平洋地域に多くの資源を投資する可能性が高いからだ。

ロンドンの国防シンクタンクRUSIの副局長であるマルコム・チャールマスは3月に次のように寄稿しました。 「米軍が直面する過度の負担を考えると、今後数年間にわたって西方同盟国の間で分業がさらに深刻化する可能性があり、欧州諸国は自国の防衛にもっと努力を傾け、米国は東アジアにもっと努力を集中するだろう」です。

READ  ガボン・クーデター:軍将校が大統領を家宅年金に処せました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours