世界

英国財務大臣今年の経済は11.3%減少すると予測 – 300年ぶりの記録的な収縮 – Bloomberg

一日を開始する前に、押さえておきたい世界のニュースを毎日お届けします。 ブルームバーグニュースレターに登録してください。

英国経済は新型コロナウイルスの大流行(世界的大流行)によって1709年以来、初めて300年ぶりの大幅な縮小に直面したときやク財務長官が警告した。 失業率は7.5%に上昇すると予想する。

やク氏は25日に発表した歳出計画では、新しいインフラプロジェクトによる雇用促進と低賃金労働者の支援に多くの資金を投入し表明。 一方、彼はこの「正当化」は難しいと指摘する公務員の賃上げと対外支援などの支出削減を決定した。

「英国の公衆衛生の緊急事態はまだ終わらなかった。経済の緊急事態は、始まりに過ぎた」とし「私たちに直面し最優先課題は、市民の生命と生活を守ること」と説明した。

やく財務長官が発表した歳出計画の主なポイント
  • 失業率は来年第2四半期に7.5%でピークを付ける展望ピーク失業者数は260万人程度
  • 今年の経済成長率はマイナス11.3%を予想、3世紀ぶりに大幅な下落
  • 今年の下落分を取り戻すには2022年後半以降
  • 2020-21会計年度の借入金は、3940億ポンド(約55兆ウォン)の国内総生産(GDP)比19%と平時に最悪の水準と予想
  • 対外支援金額は、国民所得の0.5%と、これまでの0.7%から引き下げ
  • 医療関連以外の公務員は賃金凍結に
  • 景気回復を支援するため2021 – 22年に270億ポンド規模のインフラストラクチャの計画

英国政府は、今回の会計年度に史上最大となる4855億ポンドの国債発行を予定している。

英国予算責任局(OBR)によると、欧州連合(EU)との通商交渉が合意していない終わった場合、すでに困難な状況にあるイギリスの経済はさらに悪化する。 合意がなければ、最大の失業率は8.3%に上昇し、景気は2023年までにコロナ災害前の水準を回復する見通しだ。

1709年以来最悪

ウイルスに打撃を受けた英国の経済は、今年11%以上縮小することが予想されます

出典:予算責任オフィス、イングランド銀行、統計庁

原題:Sunak、歴史英国スランプから260万人の失業者に警告(1)(抜粋)

詳細を追加して再作成

READ  英国を応援していた第二次世界大戦の獣医師トム・ムーアトラック、100縦死亡

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close